鳴子温泉、高友旅館


高友旅館(東鳴子温泉) Home» 鳴子温泉»
〒989-6811 宮城県大崎市鳴子温泉鷲の巣18 TEL.0229-83-3170
入浴 10:00~16:00 500円
入浴、宿泊
無休
男女別(内湯2)貸切2、家族1
シャンプー、セッケンなし

 東鳴子温泉のちょっと寂れ加減のメイン通りに、庭木に囲まれながらひっそりと建つ、温泉通に有名な「高友旅館」にやって来ました。ここには4種類もの源泉があるそうで、もらったパンフレットには鳴子唯一の天然ラドン泉だと‥。え、分析表にはラドン系の表示はないのですがね~。
 東鳴子は、川沿いに新しい道路が造られてから、温泉街の通りはすっかり静かになってしまいました。なんか寂しいような気もしますが、反対に宿泊者には静かで良い環境になったのかも知れませんよ。
2002.10
 館内は、玄関から右に行くと「ひょうたん風呂」と「婦人湯」があり、左に行くと「黒湯」と「家族風呂など」がある配置。受付にて、「こちらがマスコミ等でも取り上げられている黒湯です」と番頭さん(ご主人?)が自慢げに案内してくれたので、仰せのままに黒湯へ突撃。

 奥の、昔の木造校舎風の階段を下りて浴場へ。うぉー、タール臭というかアブラ臭というか、石油系の匂いがプワプワ~ンとな~。こんなに石油系の匂いがするのに、水面に油が浮いてないのが不思議なくらい。その「どういうこと~?」と考えてしまう変な形の湯船には、白い湯ノ花が舞う熱いお湯と、ぬるいお湯が2本注がれており、浸かってみると、とても熱くてたまらないのです。我慢できず、水道水を投入‥。お湯は深い緑色で、しかも黒ずんでいて、湯船の底が全く見えないのです。

 あと、同じ空間の奥にあるのがプール風呂という湯船らしいのですが、今はお湯を溜めている最中だったので、入らず。というか、「入っていいの、ここは?」という、湯船らしからぬ雰囲気満点でしてね~。

 次、まだ戦闘意欲満々の私は、一旦服を着て引き返し、反対側の小さな浴場、ひょうたん風呂へ。そこのお湯は、一見、前述の黒湯を小さくしたような風合いで、匂いや色は薄く感じますが、こちらも強力な温泉には間違いありません。あ、言い忘れましたが、どちらも勿論掛け流しですね。

 しばらくぼーっとして浸かっていると、ふと気泡がプチプチと水面に弾けているのを発見。黒緑色に濁ったお湯なので最初は気付きませんでしたが、よく見ると体中の体毛に小さい気泡がくっ付いているのです。ちょっと体を動かすたびに、水面に気泡がはじけ出し、肌を擦ってみると大分ヌルヌルしておりますね。

 更に、別の場所にもお風呂があるようですが、今日はもうグロッキー。また来週!。

黒湯:含硫黄・ナトリウム-炭酸水素塩泉(硫化水素型) 低張性中性高温泉 源泉名:幸の湯 59.2℃ pH7.1 400m掘削 ナトリウム 603, 塩素 171, 硫化水素 2.4, 炭酸水素 1396, メタケイ酸 245, 遊離二酸化炭素 189 (分析:平成4年)
ひょうたん湯:含硫黄・ナトリウム-炭酸水素塩泉(硫化水素型) 低張性弱酸性高温泉 源泉名:玉の湯 51℃ pH6.5


黒湯、プール風呂、廊下、ひょうたん風呂の順
宿泊は、東鳴子温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2002-16