福島の温泉、安達屋旅館

安達屋旅館 (高湯温泉) Home» 福島の温泉»
〒960-2261 福島県福島市庭坂字高湯21 TEL.024-591-1155
入浴 10:00~13:00 700円(1時間)
不定休(混雑時は中止も)
入浴、宿泊
男女別(内湯1、露天2)家族風呂
シャンプーあり、セッケンあり

 高湯温泉の上部、公衆浴場’あったか湯’の前にある宿、「安達屋旅館」にやって来ました。山の中にポツンとあるのかと思って坂道を上って来ると、周りにも(微妙な距離で)別の旅館があったりして、高湯温泉はちゃんと一つの集落になっているのだな~と。
 写真は’あったか湯’側から撮ったものですが、見てください、’あったか湯’側の車の多いこと。
2003.10
 受付を済ませ、浴場へ。お風呂は1階(露天)と2階(露天、内湯)にあるようですが、1時間以内という事でしたので今回は2階の方へと向います。

 2階の脱衣所で服を脱ぎ、その前にある内湯には入らず写真をパチリ。次に奥にあるドアを開け、長い廊下を歩いて行くと、そこには川のような長~い露天風呂が、奥へ奥へと続いておりまする。

 へー!と思いながら更に進むと、突然、異様な物体が前を横切り‥。うぉー、それはなんとどっかのオバチャマではございませんか。私が「うっ!」と発しながら後ずさりすると、私の後方を歩いてきていたらしいオジサンが何故か「うわぁー」と叫びながら小走りに逃げて行ったのです。「え、何今の?、なんじゃそりゃ~」と少しパニックになりながらも勇気を出し、ちょっと心配なのでタオルを腰に巻き、恐るおそる、そろりそろりと突進へ。

 と、私が来たのに気づき、そそくさとオバチャマは去って行きましたが、奥にいたもう一人のお婆ちゃんにいたっては、悠々と引き上げ‥。また、オッパイなんぞ隠すそぶりも、毛頭ございませぬ。‥このようなオッパイは、家のバアチャンで慣れているもので、ぜんぜん動揺はございませぬな!。

 ふう‥、平静に戻ります。露天風呂はとても大きなもので、打たせ湯や洞窟風呂などがあり、再奥の大きな湯船には2本のお湯が注がれ乳白色のお風呂に。お湯は少しぬるい温度で、青白く透き通り、白いツブツブ系の湯ノ花が大量に舞う、肌触りが少しスベスベする硫黄泉でありました。

 女湯の方には東南アジア系で英語を話す二人組みのお客さんが、バスタオルを巻いたまま入っていたそうで、体を洗うにもタオルを巻いたままで、苦労していたようなのです。なので、さっき小走りに逃げていったオジサンは、どうもお連れの方のようなんですね。‥納得。

泉質:含硫黄・ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉 低張性酸性高温泉 源泉:湯花沢3番泉、5番泉、6番泉 42.9℃ pH2.8 硫酸 544, メタケイ酸 158


宿泊は、高湯温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2003-14