宮城の温泉、とみや湯ったり苑

とみや湯ったり苑 (富谷市) Home» 宮城の温泉»
〒981-3341 宮城県富谷市成田1丁目4-1 TEL.022-348-3726
入浴 10:00~23:00 770円(平日:670円)
入浴、休憩(座敷有料)、食事
無休(時々保守点検休みあり)
男女別(内湯多数、露天多数、サウナ2)
シャンプーあり、セッケンあり

2003.10オープン

 仙台の北のベットタウン、新富谷ガーデンシティーにでオープンしたばかりの日帰り温泉、「とみや湯ったり苑」にやって参りました。まあ簡単に言うと、スーパー銭湯みたいなところで、無料広間は無いのですが、飲食コーナーが実質的なお休み処となっています。(こういうところって、飲食処で横になっての昼寝は禁止なんですよね、たぶん)
2003.10
 受付を済ませ浴場・脱衣所に入ると、そこには大きな自販機があり、なんとその中にはパンツが売っているではあ~りませんか。売っているということは、売れるということなんでしょうね、やっぱし。‥うーん、ワシはまだないな、そのシチュエーション。

 浴室に入ってみると、数種類のジェットバスと大きな内湯があり、無色透明で匂いの無い、さっぱりしたお湯が掛け流しになっております。ただ、浸かった感覚では、(分析表通りの)弱アルカリ性のお湯には感じられませんでした。

 外には寝転び湯、壷湯、檜風呂などの露天風呂がありますが、真ん中の一番大きな露天風呂だけが、掛け流しのお風呂のようです。浸かってみると、肌触りが少しスベスベし、(分析表通りの)弱アルカリ性の温泉らしいお湯であります。露天風呂の一部はちょっとした洞窟風呂にもなっていて、素晴らしい(要らぬともいう)趣向も凝らしてあるのです。あとは、湯上り後にメガネに白い析出が付き、カルシウムの多い温泉であることが分かりました。

 この施設の特徴的なところは、男湯にあるスチームサウナと、ジェットバスの威力が凄いところでしょうか。‥施設の雰囲気が、コロナワールドと似ているように思います。

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 高張性弱アルカリ性高温泉 源泉:十宮の湯 源泉57.8℃ pH8.2 220L/M 掘削1800m ナトリウム 3375, カルシウム 1928, 塩素 7407, 硫酸 296 (一部で少し塩素臭あり)


宿泊は、大崎市ホテル一覧

©東北な温泉 2003-16