ホーム 東北な温泉、タイトル

姥の湯2002

、突進レポ

姥の湯2002

(鳴子温泉)
姥の湯旅館 - 施設の外観姥の湯旅館 - 施設の玄関 〒989-6824 宮城県大崎市鳴子温泉河原湯65 TEL.0229-83-2314

入浴 400円
入浴、宿泊、湯治
男女別(内湯2)時間露天風呂1、宿泊者用内湯1
シャンプー・セッケンなし

 2月、だいたいが傾斜地の鳴子温泉にしては珍しい平地、川にほど近い国道47号線沿いにある宿、「姥の湯旅館」にやって参りました。で、観光案内所にて湯巡り手形を買って添付の温泉一覧を見ると、「源泉の違う4つのお風呂&露天風呂」との解説があり、「うぉ、こりゃいいぞ!」と、思わず”いの一番”で突撃致したのです。

 ‥実は、この辺りから私の温泉突進レポートが始まりました。もしよろしければ、お付き合いを。‥当時、「突撃レポート」としておりましたが、その後「突撃」がテレビなどで頻繁に使われ手垢が付き陳腐化してしまったので、最近は「突進レポート」に変えております。ちなみに、ニックネームが「ぞう」で、突進とくれば太い人を想像するかも知れませんが、どちらかといえば痩せた方なんでございます。いちおう‥。
0202
 さて、呼べど叫べど、なかなか出て来てくれない受付をやっと済ませて、浴場へ。ふ~。

 して、少し疲れながらフラフラと廊下を歩いて行きますと、正面にある一番最初のお風呂が、単純泉と書いてある内湯。で、中に入ってみれば、そこは狭い浴室に蒸気の湯煙りがモウモウとしており、その扇型で小さめの湯船には緑色がかったお湯が掛け流されておりまして‥。で、浸かってみると、とても熱く、なんかピリッとくる感覚だけが脳裏に残りましたのです。

 次、お風呂から上がり廊下に出てみると、そこは椅子と自販機が置いてある小さな休憩スペースで、小休止しているお客さんがチラホラ。

 それで、そのすぐ外(脇とも言う)にある露天風呂は、一見小さな中庭にある池という感じのお風呂で、お魚気分で浸かってみれば、とにかく熱い、どうやっても熱い、そんなことしか印象に残りませんでして‥。で、こちらは混浴なのでとても落ち着けないものがありましたが、帰り際によく見ると、露天風呂側(外側)から鍵がかけられるようになっていまして、な~んだ、貸し切りにできたのかと‥。

 あとは、他にもお風呂がありましたが、今日はこの2つしか入れませんでした。グロッキーで‥。ほんじゃ。

泉質:
  • 単純泉 単純温泉 低張性中性高温泉 51.0℃
  • 露天風呂 混浴 ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
  • 硫黄泉 含硫黄・ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
  • 芒硝泉 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉

最新レポート:姥の湯旅館
姥の湯旅館 - 内湯・単純泉姥の湯旅館 - 露天風呂
宿泊は鳴子温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw , 最終更新日:2019/11/06