宮城の温泉、わくや天平の湯


わくや天平の湯(涌谷町) Home» 宮城の温泉»


〒987-0100 宮城県遠田郡涌谷町字中江南222 TEL.0229-43-6330

入浴 10:00~21:00 600円
入浴、休憩、食事
第2,4水曜日休館
男女別(内湯1、露天風呂1、サウナ1)
シャンプー、セッケンあり、シャワートイレ


入口脇に産直売場あり

 こころウキウキ、待ちに待ったよ、サツキ晴れの日GW。明るくまぶしい田園風景に、桜咲く宮城野をやってまいりますと、涌谷町の外れの小高い丘にポコポコンと連なる2棟のカマボコ屋根、見立ちまするよ「わくや天平の湯」にやってきました。
 今日は、カレンダーでは連休谷間の平日、少しは空いているかな~と来てみると、あれ~、連休とか関係ないお客さん(お爺ちゃん、お婆ちゃん)でいっぱいなんですのよ。
2012.05
 ここは基本的に入館無料で、2Fの温泉入口で料金を払うと、例の特殊スタンプを手の甲に押してもらい、当日なら何回もお風呂に入れるという、特殊システムになっているです。

 さて、男湯に突入してみますと、おや、前回と違う趣きで、2つある内の前回とは反対側のお風呂のようですね~。そこには正面にデッカイ内湯(第1源泉)がジャグジー付きで横たわっており、奥に細長いヒノキの内湯(第2源泉)がしつらえてありました。それからドアの外には、丸くて少し大きめの露天風呂。その先の優雅なテラスがいい具合いに造られてありますね~。露天風呂は、第1、第2源泉を混ぜたようなお湯に思え‥。

 第1源泉は無色透明で塩素臭があり、少しツルツルする感触。第2源泉は茶色に濁り、土から出て来ましたの香りがある温泉らしいもので、中性の肌触りのお湯であります。うん、2つの違ったお湯が楽しめ、なかなか、ようござんす。そして内湯の大浴槽も露天風呂もオーバーフローされ、キレイなお湯に保たれており、気持ち良く浸かれました。

その1:単純泉 低張性弱アルカリ性冷鉱泉 源泉:涌谷温泉(第1源泉) 22.2℃ pH9.0 ナトリウム 277, 塩素 315 分析:平成21年(源泉100%、循環ろ過、加温、塩素、かけ流し)
その2:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 高張性中性温泉 源泉:涌谷温泉(第2源泉) 38.2℃ pH7.5 ナトリウム 3306, カリウム 108, カルシウム 367, 塩素 4919, 硫酸 1749, 炭酸水素 100, メタケイ酸 141 分析:平成21年(源泉100%、加温、かけ流し)

※旧レポートわくや天平の湯2002



宿泊は、大崎市ホテル一覧

©東北な温泉 2012-18rw