青森の温泉、谷地温泉


谷地温泉(八甲田) Home» 青森の温泉»
谷地温泉谷地温泉
谷地温泉谷地温泉
〒034-0303 青森県十和田市大字法量字谷地1 TEL.0176-74-1181

入浴 9:00~18:00 500円
入浴、食事、宿泊、湯治
無休
混浴(内湯1、打たせ湯1)、女性(内湯1)
シャンプー、セッケンあり

標高:約780m
※2008.07 伊東園ホテルグループの経営へ

 山深い八甲田山の中腹、四百年続くという歴史のある一軒宿、「谷地温泉」にやって来ました。車を降りて宿に向かうと、そこにあるのは秘境感バツグンの、八甲田の厳しい風雪に耐えて朽ちかけたような山小屋。んー、雰囲気満点でありますな~。
 今日は平日なのに駐車場が満杯に近く、空いている場所をやっと見つけて突撃いたしました。
2003.09(宿泊)
 通された最奥部の部屋にて荷をほどき、切り絵のような窓の景色を眺めた後、浴場へ。と、浴場前には沢山のスリッパが並んでおり、ありゃ~。少しがっかりしながら浴室をのぞけば、すぐ前にある透明なお風呂に大勢のお客さんが浸かっていて、蟻の入る隙間もないのです。その奥にはつい立てがあり、その先にもう一つの白濁したお風呂も見えていて‥。

 仕方なく空いている奥の白濁したお風呂へ向ってみると、おや、お爺ちゃんが一人ポツンと入浴中。お爺ちゃんは洗い場の知り合いと何やら話を始めたのですが、私の修行が足りないせいか何を言っているのか全く分からず、ちょっぴり寂しい気持ちになりました。

 お湯は硫黄臭がし、肌をこするとキシキシする感触の酸性の温泉です。そしてまた、気持ち良く掛け流されておりますのよ。しばらくして先ほどのぬるい方のお風呂にも押し入ろうと、何気なくそちらへ向かえば、あれ~、なんだか一人、オバサマも入っているではあ~りませんか。‥やっぱり、後にしようっと。

 夕食直後に出直して、ぬるい方のお風呂に浸かってみると、これが絶妙な温度でして‥。お湯が空気のような感じで、そのまま眠ってしまいたい、そんな感覚なのです。このお風呂がいつも満員で、誰も出て行かない理由がここにあったんですね~。しかも、「最初は30分くらい、慣れたら1時間くらい入ってください」との説明書きあり。混雑しない訳がありませんね、これじゃ~。お湯は、肌をこすると少しスベスベし、かすかに硫黄臭もしておりました。

 あ、夕食は岩魚の姿造りと焼き物、鍋はキリタンポ。その他にたぶんマスの刺身と、揚げたての山菜天ぷらなど。ここの料理は山の料理なんですが、洗練されていて、どれも美味しく頂けました。とても宿泊9000円とは思えないほどの満足感の料理ですぞ~。

その1:単純硫黄泉(硫化水素型) 低張性弱酸性高温泉 源泉:谷地1号泉 37.4℃ pH4.56 カルシウム 111, 硫酸 412, 遊離二酸化炭素 152
その2:単純硫黄泉(硫化水素型) 低張性弱酸性高温泉 源泉:谷地2号泉 39.5℃ pH5.27 硫酸 359, 遊離二酸化炭素 119 (分析:平成17年)
谷地温泉谷地温泉
上から、ぬるい湯、白濁湯の順

谷地温泉
宿泊は、十和田市ホテル一覧

©東北な温泉 2003-16