やくらい高原・薬師の湯2002

やくらい高原・薬師の湯2002 Home» 過去レポート»
〒981-4375 宮城県加美町味ケ袋薬莱原1-76 TEL.0229-67-3388
入浴 9:00~21:00 800円
家族風呂は1時間1000円
滞在型、レストラン、宿泊 / 第1・3月曜休み
男女別(内湯2、露天風呂1、サウナ)
シャンプー、セッケンあり


※新レポート → やくらい薬師の湯(2009年)

 旧小野田町のやくらい山のふもとにある町営の温泉保養センター、「やくらい高原・薬師の湯」にやって来ました。前に来た時も隣に土産センター(地場産品売り場)はありましたが、今日来てみると更に「やくらいウォーターパーク」や「やくらいビール&レストラン」もできていて、なにやら勢いのある施設に‥。
 ここは県内のセンター系日帰り温泉としては早くからあり、その草分け的存在になっているんですよね。
2002.08
 館内にはレストランや売店などがあり、またキレイで広く、初めてだと迷子になりそうなくらいなのです。ここのレストランではイワナやヤマメの定食があり、それらが名物と(の貼紙が‥)。

 お客さんは老若男女と幅広く、家族連れや子供たち(中学生くらい)の集団もいたりします。地元にも支持され、県民にも人気があり、公営の温泉保養センターとして(現時点では)大成功を収めている模様。

 こちらの受付にはマネージャーらしい人がおり、行くとギョロっとこちらに目を配り、下駄箱はあっちだの何だのと色々教えて下さいました。ご苦労様です。でも温泉保養に行ったら、テキパキはイヤで、放っておいて欲しかったりして‥。

 さて、浴室には正面に大きな内湯があり、まあだいたいお湯が掛け流しになっているものと。注ぎ口に手をかざしてみると、熱いお湯と冷たい水が同時に注がれ、湯船の中央には底から湧き出るジャクジー。その他に寝湯、打たせ湯、サウナもありました。

 外には大きな露天風呂が東屋風に造られており、ここではこの露天風呂が人気の的。周りを含めて全体が広々とし、ゆったりした良い造りになっていました。お湯は無色透明で匂いもありませんが、ちょっとツルッとする肌触りのもの。源泉の温度が高いので完全に掛け流していると思われます。普通この手の温泉ではジャグジー部分で塩素の匂いがするものですが、大丈夫でした。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 高張性中性高温泉 源泉:薬莱高原1号源泉 66.5℃ pH7.1


宿泊は、大崎市ホテル一覧

©東北な温泉 2002-15