東北な温泉
土湯温泉・中之湯、突進レポ

土湯温泉・中之湯

土湯温泉・中之湯 - 駐車場案内土湯温泉・中之湯 - 施設の外観
土湯温泉・中之湯 - 広場土湯温泉・中之湯 - 施設の外観2
〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町字下ノ町5 TEL.024-563-3991

入浴 500円
入浴、休憩(広間など1時間以内)
男女別(内湯1、露天1)、貸切風呂4(別途料金)
シャンプー・セッケンなし

駐車場:画像参照

※2018.04 新築して再開

 土湯温泉の公衆浴場「中之湯」が建て替え直してリニューアルしたと聞き、誰も来ていないだろう暑い夏の日、こそっとやって来てみたのです。するとそこは、以前の小さな公衆浴場とは違い、隣の廃業した旅館の敷地も飲み込んだ勢いで大きくなり、立派になっておりましてね~。

 いや、観光協会の前とその坂の上の方に「中之湯」の専用駐車場があるのですが、行ってみたら一つ空いているだけ‥。で、今日は平日、休日だったらもう空いていないと思われ‥。前に”町に賑わいを作りたい”と聞いたように思いますが、無理でしょう、この駐車場の数では‥、と思ってしまいますの~。
2018.08
 して、券売機システムにて受付を済ませ、階下の浴場へ参ります。と、そこには男女別の浴場の他に貸切風呂も2つほどあるもよう。んで、迷いもなくいつものように男湯浴場に入ってみますれば、その内湯には2つの湯船があり、窓の外には露天風呂も設けられておりまする。

 で、とりあえず浸かってみると、内湯の小さい方はビニール焦げ系アブラ臭を放ち、中性の感じの肌触りを呈し、ちょっぴり茶色っぽくも見える透明のお湯。そして、もう一つの大きい方と露天風呂のお湯は同じ源泉のようで、ちょっぴり粘土系~硫黄系の臭いがあり、ほんのり白っぽい感じもある透明のもので、やっぱり中性の肌触りに感じまして‥。

 それから、大きい方の内湯と露天風呂は、湯量は少ないですが、はっきりと掛け流しになっており、まあまあ、よろしいんじゃないかと‥。そうですね、2つある源泉は成分からして、どちらもヌルヌルする肌触りのはずですが、何故か中性のキシッとするものになっており‥。たぶん加水が多いのでしょうね~。でも、なぜか匂いの鮮度が良いのが不思議‥。

 あとはまあ、ただの四角い湯船が風情が無いとも‥。でもまあ、建物は木造り風でいい感じです。‥そうそう、家に帰ってパンフレットを見たら、あ、和室休憩所もあったんですね~。1H以内ですけど~。

 今日の暑い真夏の湯、一旦脱いだパンツとシャツ、もう履きたくありませんことよ~。

その1>泉質:単純温泉 低張性アルカリ性高温泉 源泉:土湯温泉2・16・17・18の混合泉 中継槽65.0℃ pH8.5 ナトリウム 112, 硫酸 126, メタケイ酸 158(分析:平成29年)
その2>泉質:炭酸水素塩泉 低張性中性高温泉 源泉:不老・長寿の湯 湯口51.3℃ pH7.4 ナトリウム 297, 塩化物 132, 硫酸 173, 炭酸水素 628, メタケイ酸 124(分析:平成30年)

※過去レポート:中の湯2004
土湯温泉・中之湯 - 施設案内図土湯温泉・中之湯 - 休憩所
土湯温泉・中之湯 - 内湯土湯温泉・中之湯 - 露天風呂
宿泊は土湯温泉のホテル旅館一覧
©東北な温泉 2018
投稿へ

土湯共同浴場・中の湯(土湯温泉)


コメント

入浴 9:00~21:00 500円
定休日 毎週火曜日
になっていました。

駐車場は正規のもの以外に、観光協会の少し奥側の川沿いに、みなさんが止めているようでした。が、そこもほぼ満杯でしたけど‥。

(投稿者 ぞう さん / 2018年08月12日)

土湯温泉に公衆浴場オープン

 福島市内最大級の公衆浴場「中之湯」が26日、土湯温泉町にオープンした。温泉街の魅力向上とにぎわい創出のため、市が東日本大震災の影響で閉業した旧富士屋旅館跡地などを活用して整備してきた。大型連休を前に、土湯の新たなランドマークとして注目を集めている。

 地上2階、地下1階建てで、地下に露天風呂付き大浴場、地下と2階にバリアフリー対応などの貸し切り風呂4室、1階に休憩室2室を設けた。全浴槽が源泉掛け流し。単純泉のほか、美肌効果があるという炭酸水素塩泉の2種類の泉質を楽しめる。

(投稿者 匿名 さん / 2018年04月28日)

「土湯の新浴場」17年度完成

 福島市土湯温泉の公衆浴場「中之湯」の再生などを目指す計画で、市は中之湯周辺などの土地を取得し、新たな温泉施設整備に着手する。新年度から露天風呂や大浴場、大広間の休憩所などを備えた4階建て施設の建設に入り、2017(平成29)年度に完成させる予定。

(投稿者 匿名 さん / 2016年01月06日)

土湯温泉で小水力発電所が本格稼働

 福島市土湯温泉町の発電事業会社「つちゆ清流エナジー」が同町の東鴉川(ひがしからすがわ)に整備した小型の水力発電所「土湯温泉町東鴉川水力発電所」が9日、本格稼働した。同日、現地で竣工(しゅんこう)式が行われた。土湯温泉関係者は、発電所を観光資源として全国に発信し、地域活性化を目指す。
 発電所は昨年4月に着工。総事業費3億1900万円をかけて整備した。温泉街の南側にある国登録有形文化財の東鴉川第三砂防堰堤(えんてい)を含む河川約300メートル区間の高さ44・4メートルの急勾配から流れる水勢と水量を利用して発電する。
 発電出力は最大140キロワット。年間に発電できる量は約86万キロワット時で、一般家庭約170世帯分の消費電力に相当し、年間販売額は約3000万円を見込む。4月16日に試運転を始め、東北電力へ売電を開始している。

(投稿者 匿名 さん / 2015年05月10日)

温泉街再生へ「中之湯」改築

 福島市土湯温泉の公衆浴場「中之湯」を運営する湯遊つちゆ温泉協同組合は21日、同浴場の再生を目指す「テルマエ・土湯調査検討委員会」の初会合を同市で開いた。震災と原発事故で落ち込んだ土湯温泉の利用客を取り戻す5カ年計画の中核にも位置付け、健康推進施設に改築し温泉街の復興シンボルとして生まれ変わらせ、土湯温泉全体の誘客と活性化を図る。同浴場は5年以内の改装を目指し、11月にも計画案をまとめる。

(投稿者 匿名 さん / 2014年08月23日)

土湯で温泉熱発電、15年7月開始へ 売電収益は1億円

 再生可能エネルギー導入による福島市土湯温泉町の復興と再生に取り組む「元気アップつちゆ」は24日、同市で記者会見し、温泉の熱でも発電できる「バイナリー発電」を来年7月、小水力発電を今年11月にも開始すると発表した。
 計画によると、バイナリー発電は、同温泉の源泉で今年9月に建設に着工、来年6月から試運転を開始する。発電出力は400キロワットで、年間発電量280万キロワット時を見込む。このうち245万キロワット時を売電し、収益は約1億円の見込み。事業費は7億600万円。

(投稿者 阿仁の鱒 さん / 2014年01月25日)

pontaさん、ありがとうございました。

(投稿者 ぞう さん / 2009年05月30日)

いつも大変楽しく拝見しております。
本日中の湯に行ったところ、営業時間が変更になっておりました。午前7時から午前11時までと、午後5時から午後8時まででそれぞれ終了の30分前までの受付です。定休日は火曜日で、200円はかわりありませんでした。車中泊族の朝湯には少し使いにくくなりましたね。

(投稿者 ponta さん / 2009年05月30日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。