山形の温泉、姥湯(うばゆ)温泉


桝形屋旅館(姥湯温泉) Home» 山形の温泉»


〒992-1303 山形県米沢市大沢姥湯1 TEL.0238-35-2633

入浴 600円 9:30~15:30(日帰りは露天風呂のみ)
入浴、休憩、宿泊
冬季休業(11月下旬~4月下旬)
男女別(内湯1)混浴露天1、女性専用露天1
シャンプー、セッケンなし

標高約1,250m

 福島と山形の県境付近、幹線国道(R13)の栗子峠から脇道に入り、山道を飽きるほどひたすら走った後に現れる「姥湯温泉」にやって参りました。道中、対向車に出会わない事と、熊が出ない事と、落石が無い事を祈りつつ突進し、やっとのことで途中の滑川温泉にたどり着き‥、ふ~。そこからフンドシをしめ直してドンドコと坂道を上ったら、いやになった頃に大きな谷が出現し、遠くに小さく姥湯温泉の建物が見えて来たのです。ぐた~。
2004.05
 と、そこは想像していたよりも荒涼とした風景で、まさに人々を圧倒する地獄の谷。その谷の下方の駐車場から、渓谷にかけた吊り橋を渡り、宿の方へ急な坂道を上って行きますと、すぐに女将さんが出てきたのです。で、受付を済ませ、裏山というか、渓谷の上流にある露天風呂へ。

 宿から奥の方に上って行きますれば、まず先に女湯があり、その奥に混浴の露天風呂が2つ、その上に湯畑がある配置。その荒涼とした景色の中にある豪快な岩風呂は、一見深そうで人を拒みそうな湯船ですが、底はコンクリートで整えられ、平らで丁度良い深さになっておりました。

 お湯はとてもきれいに白濁し、肌触りが何故かスベスベするもので、湯量も豊富に掛け流される、鮮度バツグンの硫黄泉なのです。(女湯は透明で細かい白い湯ノ花が舞っていたと)。‥まあ、混浴なので、それ目当てのお客さんもチラホラ。脇のバラック小屋風建物で、お着替えを‥。

 いや~、辺りの景色のグレート感。ここは王家の谷のような、何か神秘的なものを感じるパワースポットなんでございますのよ。

泉質:硫黄泉 低張性酸性高温泉 源泉:姥湯源泉 51.0℃ pH2.5 300L/M(自然湧出) アルミニウム 31, 硫酸 556, 遊離二酸化炭素 274, 遊離硫化水素 10.9 (分析:平成3年)


宿泊は、米沢ホテル一覧

©東北な温泉 2004-17rw