鳴子温泉、ゆさや旅館


ゆさや旅館(鳴子温泉) Home» 鳴子温泉»
〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉湯元84 TEL.0229-83-2565
入浴 500円 12:00~15:00
入浴、宿泊
無休
男女別(内湯1)、離れ露天1
シャンプー、セッケンあり


※2011.03、日帰り入浴は終了

 鳴子温泉の中心部、共同浴場・滝の湯の隣にある老舗の宿、「ゆさや旅館」にやって来ました。外観を一見すると家族経営の小さな旅館にも見えますが、実際は建物が奥へと続く結構大きな施設で、歴史と格式を感じる、しゃんとした旅館なのです。
2004.07
 受付を済ませ、浴場へ。その男女別のお風呂は、夜と昼で入れ替わり。今日の男湯は入口側にある大きなお風呂で、女湯の方は奥の大きくはないお風呂の模様。

 (男湯)浴場には、すぐ脇に年季の入った木造りの五角形の小さな湯船があり、正面奥にドカーンとタイル張りの大きな湯船あり。

 まず最初に五角形の湯船に浸かってみると、これがもの凄くヌルヌルするお湯で、無色透明で少し甘い硫黄臭のするもの。(今日は暑い日なのでそうしているのか)湯量は少なめですが、ちゃんと掛け流しになっており、また灰色の綿のような湯ノ花も舞っていました。この何の気ない木の湯船が、何とも落ち着くお風呂でして、とても居心地よく感じますね。

 こちらの温泉は、匂いが川渡温泉系の甘い香り、肌触りは中山平温泉系のヌルヌルで、鳴子を全て満喫できるような珍しい温泉なんですよね。今日は透明でしたが、色は日によって変わるようです。浴場が(今日では)無駄に広いようにも感じますが、これが’ゆとり’というもんでございましょ。

泉質:含硫黄・ナトリウム-硫酸塩泉 低張性アルカリ性温泉 源泉:新うなぎ湯3号 99.5℃ pH8.9 ナトリウム 872, 塩素 159, 硫酸 1196, 炭酸水素 426, メタケイ酸 193 (現在は、向かいの山に作った、離れの露天風呂もあるようです)

宿泊は、鳴子温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2004-14