蔵王温泉、つるやホテル


つるやホテル(蔵王温泉) Home» 蔵王温泉»
〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉710 TEL.023-694-9112
入浴 700円 10:00~15:00
入浴、宿泊 / 無休
男女別(内湯1、露天1)、別料金の貸切4
シャンプー、セッケンあり

標高約900m

 蔵王温泉街の西の入口、観光宿泊案内所の真ん前に建つ大きくて立派な宿、「つるやホテル」にやって参りました。案内所で貰った湯めぐり案内に「露天風呂自慢」と書いてあったもので、迷わず突進‥。
 本当言うと、ここの前に汗をかきかき坂道を上り、蔵王プラザホテルまで行ったのですが、「今日は掃除が‥」と断られ、お、こちらも良さそう、とやって来たわけでして‥。
2004.06
 どうやら玄関は2Fのようで(でも館内表示ではここが1F)、そちらで受付を済ますと、係員の方が4Fの浴場までエレベーターに乗せて案内して下さいました。

 浴場には比較的大きな内湯が設けてあり、無色透明で硫黄臭のする熱いお湯が注がれ、さわさわとオーバーフローしております(女湯は白濁していたそう)。浸かってみると、蔵王温泉特有の、酸性なのにツルツルする肌触り。またキレイで鮮度が良く、とても気持ちの良いお湯でございます。いや、ほんと、サイコーなんですのよ~。あと、硫化水素を逃すためか、一部、風が通るように造られているのも、また良いですね。

 さて、自慢だという露天風呂をと、ドアの外をいちおう覗いてみたら、石風呂の湯船に少し白濁したお湯が張られてあり‥。で、お湯が投入されてはいますが、表面がよどんだ感じだったもので入らずじまい。‥なんか運用していないような、調整中のような。

 あとは、さすがに蔵王温泉には連泊しているお客さんが結構いるようで、「貸切状態かなー」と思って入浴していると、ポツリポツリと宿泊客と思われるお客さんがやって来て、その都度、ビクリ‥。油断禁物です~。

泉質:含鉄・硫黄・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性酸性高温泉 源泉:つるやホテル源泉 52.7℃ pH1.5 自噴 カルシウム 185, アルミニウム 273, 鉄 50, 塩素 490, 硫酸水素 1477, 硫酸 1556, メタケイ酸 250, 遊離二酸化炭素 523, 遊離硫化水素 17.0

宿泊は、蔵王温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2004-15