山形の温泉、蔵王プラザホテル

蔵王プラザホテル (蔵王温泉) Home» 蔵王温泉»
〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉2 TEL.023-694-9111
入浴 500円 13:00~16:00
入浴、宿泊
日帰り受付:冬季間と繁忙期、休前日以外
男女別(内湯、露天1)
シャンプー、セッケンあり

 蔵王温泉体育館の上の方にある、比較的大きな温泉ホテル、「蔵王プラザホテル」にやって来ました。’上の台ゲレンデ’のすぐ下なので、スキーには便利な位置にありますな。(とは言っても、どこもスキーには便利な所だらけですけど‥)。玄関ロビーは、冬にスキー板を置いたりするせいか、殺風景と思われるほどの広い空間が設けられ、一瞬、あれ~と。(あ、蔵王センタープラザと間違えないで下さい)。
2005.10
 フロントにて受付を済ませ浴場へ。と、平行移動したはずが、その大浴場が4Fの表示に‥。ふむ、外から普通に入ったフロントが4Fだったのかーと。あとは、露天風呂がエレベーターで下りた1Fにありまするよ。

 まずはと最初に露天風呂へ行ってみたら、そこはまだお湯を溜めている最中で、入れず‥。しかたなく4Fに戻って大浴場に向うと、そこは全体がほぼ板張りの浴室で、中くらいの大きさの木造りの湯船に、キレイな乳白色の硫黄泉が注がれ、静かに掛け流されていました。浸かってみると、湯温がちょうど良いせいか、蔵王の中ではマイルドな温泉にも感じます。もちろん硫黄臭が強烈にし、若干鉄の匂いも‥。

 たまたま口の中に入ったお湯の味は、酸っぱさと共に渋味もあるような。肌触りもべたっと張りつく感触で、蔵王全体を把握している訳ではありませんが、蔵王の中では微妙に性質の違うお湯のようにも。そうですね、内湯のお風呂からも、温泉街をほんの少し眺めることができ、気分良く入れるんですのよ。

泉質:含鉄・硫黄・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性酸性高温泉 源泉:蔵王プラザホテル源泉 49.6℃ pH1.3 カルシウム 112, アルミニウム 274, 鉄 62, 塩素 764, 硫酸水素 2046, 硫酸 1921, メタケイ酸 232, 遊離二酸化炭素 616, 遊離硫化水素 11.9

内湯、露天風呂の順
宿泊は、蔵王温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2005-14