ホーム 東北な温泉、タイトル

常盤屋

、突進レポ

常盤屋

(東根温泉)
常盤屋 - 施設の外観常盤屋 - 中庭
常盤屋 - 施設の池の錦鯉常盤屋 - 道沿いの満開のコスモス
〒999-3702 山形県東根市温泉町2-1-19 TEL.0237-42-1611

入浴 500円
入浴、宿泊
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンあり


※2009年、閉鎖した模様

 10月、東根温泉の中心部に広い敷地を持つ老舗旅館、「常盤屋」にやって参りました。館内に入ると、真正面に風情のある大きな中庭があり、その池の中には巨なる錦鯉が悠々と泳いでおり、それはとても優雅で、ついつい見入ってしまいましてね~。

 来る途中、国道48号線から東根方向に折れた道沿い(月山眺望ライン)には、きれいなコスモスが満開にたなびき、往来する人々に「こんちわ~」ぐらい言っているように私には思えましたのよ~。しかも、かなり長い距離に渡って咲かせているので、きっと育てるのに大変な労苦があったものだと‥。いや~、ご尽力頂いた東根市東郷地区のみなさま、ありがとうございます。感謝の気持ちも込めて、よってけポポラでおみやげを‥。
0510
 もとい、受付後案内された奥の浴場に向ってみると、その年季の入った浴室は、なぜだかお城を模した造りで、そしてまた大きな湯船は大理石のしつらえでありまして‥。

 で、お湯は石段をつたって下りるように演出され、その間に熱いお湯を冷まそうという仕組み‥。して、湯船には程よい量の熱い湯が注がれ、ほぼ全面からオーバーフローしており、とっても気持ち良さそうなんでございます。

 さて、浸かってみると、薄い茶褐色のお湯は、どうしてか分析表とは違い中性の肌触りで、匂いはなく、綿状の湯ノ花が舞っておりまして‥。それに浸かってみれば、とても気持ち良いのですが、この湯ノ花がゴミに見えてしまうのが、ちょっと惜しいところ‥。どうなんでしょう、ろ過した方が一般受けするんでしょうかね~。

 して、ふと気が付けば、窓の外には風にざわめく木立と、その下に見えるは見慣れたような渡り廊下。それと、浴室内にはお湯の流れる音がシャワシャワ‥。んー、なんだか落ちついてしまうお風呂なんですよね~、ここは~。

泉質:ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:東根温泉協同組合12号源泉 64.0℃ pH8.1 ナトリウム 347, 塩素 406, 硫酸 205, 炭酸水素 139(加水、半循環・掛け流し、塩素消毒あり)
常盤屋 - 洗い場常盤屋 - 内湯
宿泊は東根温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw , 最終更新日:2019/11/06