宮城の温泉、加護坊温泉・さくらの湯

加護坊温泉・さくらの湯(大崎市) Home» 宮城の温泉»
〒989-4305 宮城県大崎市田尻小塩字八ツ沢37-1 TEL.0229-39-2424
入浴 10:00~22:00 2H:500円、1日:700円
入浴、休憩、食事、宿泊、産直施設
無休
男女別(内湯2、露天風呂1、サウナ)
シャンプー、セッケンあり


※2006年、田尻町は大崎市に合併

 田尻町にできた待望の公共日帰り温泉、「加護坊温泉さくらの湯」にやって来ました。古川から東へ向かい、田尻の町を過ぎると、小高い加護坊山の中腹に数棟の建物からなる田尻農村運動公園あり、その中の一番大きな建物が温泉の施設になっています。隣には産直売場や宿泊施設、裏には運動公園があり、田尻町の意気込みが大いに感じられる複合施設なのです。
2005.04
 券売機システムにて受付を済ませて進みますと、奥にはかなり広い食事処があり、テーブル席と座敷席とが備えられています。その対面の階段を上ると、ロフト風空間の寝転び座敷が広がっており、食事をしない人は、そのあたりで休むことになるのでしょう。

 次は奥の浴場へ。脱衣所からは、窓の外に露天風呂、ドアの向こうに内湯があるのが見えました。内湯には温泉槽と、白湯と思われるジャグジー付き浴槽が窓際に並び、外に出ると広い敷地の隅に露天風呂が設けられてあります。露天の大きな湯船は、寝湯、半身浴、深い湯の3段の深さに分けられていて、こちらも温泉のお風呂ですが、循環加熱のようですね。

 お湯は、ほんの少し笹色に濁り、かすかにこもったような粘土系の匂いがし、注ぎ口のお湯はショッパイ匂いも感じられます。肌触りはカルシウムが多いせいか、少しキシキシする感触がありました。‥お湯の入れ替え回数が少ないのか、もう少し清潔を保てたらなー、とも思うお風呂であります。

 入浴してしばらくすると、係の人が現れ「湯加減どうですか」と尋ねたのです。すると真っ先に1人のオジサンが熱いと答え、その後5,6人のオジサンが互いに顔を見合せながら、ちょうど良いとおっしゃるではありませんか。これで民主主義的決着かと思えば、そうではなく、結局、声が大きかった(押しも強し)オジサンの意向で’熱い’ということで決着。その後、係の人は岩で隠していた栓から、ぬるい源泉を投入したようでございました。

泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物泉 等張性弱アルカリ性温泉 源泉:加護坊温泉 39.5(使用位置29.0)℃ pH7.9 176L/m 1200m掘削 ナトリウム 3723, カルシウム 4204, 塩素 12450, 硫酸 501 (カルシウムの多い強塩泉です)


宿泊は、大崎市ホテル一覧

©東北な温泉 2005-13