宮城の温泉、つるの湯

つるの湯(中山平温泉) Home» 鳴子温泉»
〒969-6832 宮城県大崎市鳴子温泉星沼75-14 TEL.0229-87-2850
入浴 500円 詳細不明
入浴、個室休憩(別途)
定休日:不明
男女別(内湯1+?)
シャンプーなし、セッケンあり


※2009年 料金300円 → 500円に変更

 中山平温泉の最奥部、あすか旅館の先にある、日帰り温泉と思われる「つるの湯」にやって来ました。もともとは旅館で営業していたようで、パンフレットには「龍乃湯旅館」と記載されていたのですよね。
 前回、冬に来た時は、雪に埋もれていて誰もいなかったのですが、夏前の今日はちゃんとお爺ちゃんと女将さんがいて、窓拭きに精を出しているところでした。
2005.06
 作業をしているのを横目で見ながら受付に向ってみると、意外にも大旦那さん(お爺ちゃん)がやって来て対応してくれたのです。大旦那さんは、なかなか味のある人なのです。そうですね~、ほんわかムードとでも言えばよいのでしょうか。ですが、お風呂の場所を教えてくれないので、「あっちですか?」と指差すと、「うん、うん」とうなづくので、あっちの方に行ってみたのですよね。

 浴室に入ってみると、何か雰囲気が変なのです。何故かというと、水の音もなく、風の音のみが「ピューッ」と聞こえてくるのです。そこへ一歩踏み出してみると、なぬ、中間がすだれになっていて、女湯が程よく見えるではありませんか。

 お風呂は、岩の上からほんの少しお湯が注がれていて、男湯から女湯の方に、亀よりものろいスピードで流れて行くではありませんか。ふ~んと思っていると、どういう訳かすぐにお湯も止まってしまいました。今日は暑いので、わざわざ止めたのでしょうかね。

 意気消沈した気持ちを立て直し、そのお風呂に浸かってみますと、お湯はヌルヌルする肌触りで、ほんの少しアブラ臭があり、思ったよりも案外良い湯です。でもお湯が止まったせいか、少しぬるくなってしまいました。これが湯量豊富に掛け流されていたら、お客さんが今よりも増えることは間違いありません。あとは、女湯との境をちゃんとして欲しいですね。

 帰りに廊下を歩いていると、中庭の向こうの別の建物にも湯小屋らしき所が見えました。パンフレットにもお風呂がもう一つ掲載されてあるので、たぶん、その湯小屋なのでしょう。受付の大旦那さんが居なくなっていたので、尋ねることができず、確認はしておりません。

泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:龍の湯2号 70.1℃ pH8.3 炭酸水素 111, メタケイ酸 196

宿泊は、中山平温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2005-13