福島の温泉、天神岬温泉しおかぜ荘

天神岬温泉・しおかぜ荘(楢葉町) Home» 福島の温泉»
〒979-0604 福島県双葉郡楢葉町大字北田字上ノ原27-29 TEL.0240-25-5726
入浴 700円 10:00~21:00
入浴、休憩(1,500円)、食事、宿泊
木曜日休館
男女別(内湯1、露天風呂1、サウナ)
シャンプー・セッケンあり


※2015.09 大露天風呂を備えてリニューアル

 Jヴィレッジの北へ数キロ、海のそばの小高い所にある大きな複合施設、「天神岬温泉しおかぜ荘」にやって来ました。何しろ広い敷地なので、どこがどこだか分からなくなりそうでしたが、ちゃんと「日帰り温泉はこちら」の看板があったので、なんとか辿り着けたのです。
 福島県浜通りの国道6号線は、なだらかな丘陵と緩やかなカーブが続く広い道で、(車で)とても走りやすく、大きな町もないので仙台からはスムーズに来ることができました。途中、原発の煙突にウォーと驚いたり、確かダッシュ村もこの近くだったのぉーなどと思い出しながら、ゆるりとやって来たんですわな。
2005.04
 こちらは靴ロッカーキーを受付に渡して脱衣所キーを受け取る、なんだか面倒な受付システムで‥。まあ、靴ロッカーキーをなくすことは無くなるでしょうな、これなら。

 浴場は2Fにあり、入り口前には休み処とゲームコーナー等がある、いわば観光ホテル風の構成で‥。お風呂には平日でもかなりのお客さんがいるようで、脱衣所のロッカーも満杯寸前です。浴室に入ってみると、そこは湯煙でモウモウとし、ミストサウナ状態。真ん中にある丸い湯船が薬湯、窓側のツバサ状に広がった湯船が温泉で、ジャグジー等も付いていました。

 最初に外の露天風呂に出てみると、何と、コーヒー色のお湯ではありませんか。こんな色のお湯を見るのは、東京の黒湯以来です。浸かってみると、コーティング系のツルツルする肌触りで、匂いのないもの。注がれているお湯はちょっとぬるい源泉で、中で加熱循環しているようですが、それでも鮮度は悪くないようです。また、内湯も露天風呂も海が眺望でき、最高のロケーションでもありますね。‥内湯の一つも、これと同じお湯です。

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 低張性弱アルカリ性低温泉 源泉:天神岬の湯 33.4℃ pH8.3 動力413L/M ナトリウム 799, 塩素 1006, 炭酸水素 550 (どのくらい掘ったのか興味津々)



レストラン岬(サイクリングターミナル内) 刺身定食 1000円

 受付のある1Fフロア奥にも食事処があり、ラーメン、そば、うどん等が食べられますが、やはり海の幸が食べたいと思い、別棟のレストランへと‥。お昼過ぎ、かなり広いレストランが満員状態になっており、(案内されることもなく)なんとか空きを見つけて着席へ。

 ’マミーすいとん定食’という変なもの(サッカーのトルシエ監督由来)もあったのですが、おとなしく刺身定食を頼むと、新鮮なタイ、エビ、ホッキ貝、イカ、サケ、マグロがお皿に乗った定食が出て参りまして、とても満足致しました。ドリンク付きで1000円は、安いんじゃないでしょうか。
宿泊は、南相馬市ホテル一覧

©東北な温泉 2005-15