東北な温泉 蔵王温泉

深山荘高見屋

、突進レポ

深山荘高見屋

(蔵王温泉)
深山荘高見屋 - 施設の外観深山荘高見屋 - 施設のエントランス
深山荘高見屋 - 館内
〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉54 TEL.023-694-9333

入浴 600円
入浴、宿泊(内湯付、露天風呂付など多彩)
男女別(内湯2、露天1)、男女交代露天1、貸切露天1
シャンプー・セッケンあり

 10月、蔵王温泉の上部、共同浴場「上の湯」の上にある大きくてレトロな老舗の宿、「深山荘高見屋」にやって参りました。で、宿の外塀のノレンをくぐると、「いらっしゃいませ~」と着物のお嬢さんが誰かと間違えたのか、かけて来たのに驚き、「入浴だけですけど~」と尋ねるのがちょっと申し訳ないような気がしましてね~。んー、それにしても何故”かけて来た”のだったのでしょうか~。

 あ、そうそう、旅館の脇には温泉神社に登る階段があり、その灯篭にはトンチのきいた川柳がたくさん書かれていて、訪れる人々を楽しませておりました。‥内容はここには書けません。いや、書ける真面目な内容なんですけどね~。
0510
 さて、館内に入ると、中も外観と同様にレトロ感いっぱいで、またそこは香を焚いているらしく良い香りがしておりましたのよ~。

 お風呂は1Fと2Fの2箇所にあり、1Fは古い木造の浴場で、今日の女湯は内湯の他に桶の露天風呂付き、男湯は内湯のみになっておりました。して、2Fの浴場は近代的な造りで、男女とも露天風呂付き、今日の男湯は大きな桶の露天風呂が付いておりますね~。

 と、1F内湯は脱衣所から湯船を見下ろすような構造になっており、ちょっと不思議な感じで階段を下りて、ザブンと‥。で、浸かってみると湯船の底から白い湯ノ花が舞い上がり、その白濁したお湯は、肌をこするとツルツルする肌触りの硫黄泉。あと、少し石油系の匂いもあるようで、蔵王温泉も源泉によって少しずつ微妙に違いがあるんだな~と、勉強になった次第でした。

 えーと、こちらは大浴場がデーンとある感じではなくて、小さなお風呂がたくさんあるしつらえ。あとは、中居さんの応対がとても丁寧で、かえって恐縮してしまうくらいでしてね~。‥あ、蔵王温泉内にグループ(高見屋)のホテルが他に3つもあるらしいですぞ~。

泉質:含鉄・硫黄・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性酸性高温泉 源泉:高見屋源泉 42.8℃ pH1.3 ナトリウム 105, カルシウム 114, アルミニウム 334, 鉄 91, 塩素 918, 硫酸水素 4386, 硫酸 1424, メタケイ酸 163, 遊離二酸化炭素 882, 遊離硫化水素 24.5
深山荘高見屋 - 1F・内湯深山荘高見屋 - 2F・内湯
深山荘高見屋 - 2F・露天風呂
1F内湯、2F内湯・露天の順
宿泊は蔵王温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw