ホーム 鳴子温泉

旅館ゆさ

、突進レポ

旅館ゆさ

(川渡温泉)
旅館ゆさ - 施設の外観1旅館ゆさ - 施設の外観2 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉新町下52-1 TEL.0229-84-7676

入浴 500円
入浴、休憩(個室別途)、宿泊
男女別(内湯1)宿泊者専用の貸切露天風呂1
シャンプー・セッケンあり

 4月、鳴子温泉郷から少し離れた所にあり、鳴子に向うとだいたい一番最初に出会う旅館、川渡温泉所属の「旅館ゆさ」にやって来ました。

 ここは各温泉街からも大分離れているので、国道沿いにポツンと寂しくある感じで‥。そしてまた、道路よりも低い位置にあり、たぶん、鳴子温泉郷でも一番低い位置にある温泉ではないでしょうか。‥名前が似ている「ゆさや旅館」と間違えそうにもなりましてね~。
0604
 で、館内に入り、女将さんに「あの~、何時からですか?」と尋ねてみると「今はあれだから‥」と言葉を濁すのです。冬季は温度管理の面から、お客さんの入り次第でお風呂の準備の時間が変わるのかも知れませんね~。んで、なんだか入浴OK!

 して、玄関から少し奥に入った所にある浴場は、保温のためか閉め切った空間で、そこに入室してみると、かなりの熱気がプワーンと感じられるのです。で、細長いカギ型のタイル張りの湯船には、まばゆいばかりの紅茶色のお湯が満たされており、見れば見るほど紅茶に見えてきます。んー、こんなにきれいな紅茶色のお湯は久しぶり‥。

 さて、そのお湯に浸かってみると、少し熱めの温度で、肌をこすると少しスベスベする、匂いの無いもの。で、源泉温度が低いので、循環加熱ろ過しているようですが、そこはさすがに鳴子、そんなことは全然気にならない良い湯なんでございますわね~。まあ、お客さんが少ないからお湯がきれいなんざましょ‥。

泉質:単純温泉 低張性中性温泉 源泉:新町下源泉 36.9℃ pH7.3 ナトリウム 167, 炭酸水素 532(循環加熱ろ過)
旅館ゆさ - 内湯
宿泊は川渡温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 18rw , 最終更新日:2019/11/06