東北な温泉ロゴ 東北な温泉、タイトル
サンルーラル大潟、突進レポ

サンルーラル大潟

(大潟温泉)
サンルーラル大潟 - 遠くに見えるサンルーラル大潟サンルーラル大潟 - 大潟村・どこまでも真っすぐな道
サンルーラル大潟 - 施設の外観サンルーラル大潟 - 施設からの景色
〒010-0441 秋田県南秋田郡大潟村北1-3 TEL.0185-45-3332

入浴 500円
入浴、食事、宿泊、その他いろいろ
男女別(内湯2)
シャンプー・セッケンあり

 10月、大潟村のどこまでも真っすぐな道をひた走りますと、遠くに目立つランドマーク的な施設、「サンルーラル大潟」が見えてきました。んで、今日はこちらへ突進。

 施設に着いてみると、とっても広い駐車場の向こうに、かなり大きな広場があり、たくさんの人がゲートボールをしたりして楽しんでいるところ‥。それにしても車の数が多いな~と思っていたら、奥にも色んな施設があり、ホテルでは何かの会合なども開かれているようなんですね~。
 
 1Fの受付らしい所で受付を済ませ、浴場のある最上階の8Fへエレベーターにて上昇。と、その同じ階にはシャレたレストランがあり、全体がやはりホテル的な佇まい。はい、ちょっぴり緊張気味にて前進致します。

 浴室へ突入して、おののき~。そこは2面が透明な全面ガラス張りの世界で、外界が思いっきり丸見えなのです。一瞬、隠すところを隠しましたが、こんな開けっぴろげな所で下を押さえるのは馬鹿げていると思い、そのまま堂々と歩いて行くと、なんだか気分が晴れ渡って、無敵になった気分。

 お風呂は、左に透き通ったお湯をたたえる白湯の湯船、右に真っ黒な水面を光らせる温泉の湯船あり。「お、なんじゃ~」と、黒い方の湯船に浸かってみると、それは焦げたビニール臭がし、近くで見ると醤油のようにも見えるスンゴイお湯なのです。別の表現にすると、うがい薬のイソジンのようなお湯じゃとも。湯量は少ないですが、ちゃんと掛け流しになっており、肌触りはやはりビニールのようにツルツルとする感じですね。

 こんな所に、こんな素晴らしい温泉が出るんですね。おそらく一般の人は、このような温泉を知らないでしょうから、薬湯か何かと間違えるのではないでしょうか。あ、お客さんが誰もいないのは、隣に「大潟村温泉保養センター(ポルダー潟の湯)」があるからなのでしょう。

泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉 高張性-性高温泉 源泉:大潟混合温泉 49.4℃ pH- ナトリウム 7849 , カリウム 567 , 塩素 12230 , 炭酸水素 1095(塩分もそうですが、炭酸水素が特に凄い!)
サンルーラル大潟 - 内湯1サンルーラル大潟 - 内湯2
サンルーラル大潟 - 内湯3
宿泊は男鹿ホテル一覧
©東北な温泉