東北な温泉 山形の温泉

あつみ温泉・下の湯

、突進レポ

あつみ温泉共同浴場・下の湯

あつみ温泉共同浴場・下の湯 - 施設の外観 〒999-7204 山形県鶴岡市湯温海 TEL.0235-43-3547

入浴 200円
入浴のみ
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンなし

 11月、あつみ温泉街の川下の小さな路地にひっそりとある、地元用らしい共同浴場、「下の湯」にやって来ました。朝7時に起き、宿を出て温海川沿いをフラフラ歩いて行きますと、おや、朝市に出掛ける観光客の皆さんが、そぞろ歩きをしておりまする。ふ~んと横目で見ながら浴場前に来てみますと、む? それが、それらしいたたずまいではなく、何となく浴場という風情で‥。
 
 何となく男湯の方に入ってみますと(朝から)数人のオジサン達が入浴しているところで。ここではほとんどの人が顔見知りのようで、みなさん「お~」とか「よ~」とか、挨拶をかわすのです。私も何とかそれに溶け込もうと「あざ~す」とか、言葉にならない声を発し、仲間になったふりで応戦。(‥まあ、本人だけは溶け込んだつもり)。

 お風呂は楕円形で、中くらいの大きさがあり、浴槽内の一部から熱いお湯が投入され、蛇口からチョロチョロと水道水が注がれ、湯温が調節され保たれている模様です。

 しかしながら、お湯に浸かってみると、これがものすごく熱く、ソロリソロリと爬虫類ぐらいの動きでゆっくり浸かってはみたものの、しかめた顔が元に戻らないのです。それに気付いたオジサンが「水でうめていいよ」とおっしゃり、しばらく我慢してみた私も、これでは体力を消耗し今日の活動に差し支えると考え、少し蛇口の水量を増やさせてもらいました。

 お湯は、無色透明で匂いの無いサッパリしたもの。肌触りは中性の感触で、少し湯ノ花も底の方にたまっております。そうですね、飯坂温泉の鯖湖湯と似た感じではないでしょうか。勿論、掛け流しの(おそらく気持ちのよい)温泉だす。

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 低張性中性高温泉 源泉:5号、6号、7号源泉 63.5℃ pH7.3 ナトリウム 586, カルシウム 224, 塩素 893, 硫酸 424(平成10年12月分析) 「正面の湯」と違う源泉で、泉質も違いますね。こちらは硫黄が無くなっています。
あつみ温泉共同浴場・下の湯 - 脱衣所から見た浴室
©東北な温泉