東北な温泉 山形の温泉

旅館大文字屋

、突進レポ

旅館大文字屋

(赤湯温泉)
旅館大文字屋 - 施設の外観1旅館大文字屋 - 施設の外観2
旅館大文字屋 - 客室内と中庭の池
〒999-2211 山形県南陽市赤湯温泉1003 TEL.0238-43-3070

入浴 500円
入浴、宿泊
男女別(内湯1+女湯露天)、新館浴場(男女入替制)、貸切風呂1
シャンプー・セッケンあり

 9月、南陽市街地の東部に群をなす赤湯温泉街の一角に佇む、「大文字屋」にやって参りました。ここは赤湯で最初に温泉付き旅館を始め、伊能忠敬や新渡戸稲造も泊まったという歴史のある老舗旅館なのです。で、新館と旧館とがあり、どちらに泊まろうか悩んだ末、なんとなく新館へ。

 して、安い方の部屋を予約してみたら、空いていたのか14畳+寝室の2間続きの高い部屋に追加料金無しで格上げされておりまして、なんだかリッチな気分に‥。余談ですが、他に半露天風呂付きの部屋もあるんだそうで‥。あと、唐突ですが、中庭の池も風情がありましてね~。
0809(宿泊)
 さて、部屋にて、その広さ優雅さを楽しんだ後、浴場へ。と、お風呂は大浴場と新館浴場と貸切風呂とがあり、その中でも一番雰囲気が良さそうなのが、丸い形の貸切風呂かな~と。

 まあでも、初めに王道の大浴場に参りますと、それが何かスキーのゴーグルのような変な形の湯船。で、真ん中の注ぎ口と、左端の管からお湯が注がれ、オーバーフロー部分は右端の切込みから流れ出る構造に‥。

 して、お湯は無色透明で温泉の匂いが少しあり、肌をこするとベタッとくっ付く中性の感触でありますね~。んー、注ぎ込む湯量はちょっと少なめかも知れません。

 あと、湯船の脇の低い窓(お湯に浸かった目線と同じ)からは前述の中庭の池が見え、そこでは錦鯉が悠々と泳ぎ、またそれが何とも良い感じでしてね~。

 んと、実はこのお風呂の湯量の少なさに不満を感じ、部屋に帰って「う~」と不機嫌にうなっていると、マネージャー氏いわく「女湯の方は湯量豊富で硫黄の香りもあり、とっても良かった」と満足そうに‥。しかも、露天風呂もあったと‥(脱衣所経由でしか行けない構造らしいですが)。あ~、そっちがメインじゃな~。もう、他のお風呂に行く元気もなし~。

泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 低張性弱中性高温泉 源泉:森の山源泉、森の山2号源泉 61.2℃ pH7.5 ナトリウム 531, カルシウム 168, 塩素 975, 硫酸 155, 硫化水素 2.1(平成17年1月分析)
旅館大文字屋 - 大浴場・内湯旅館大文字屋 - 新館・内湯
旅館大文字屋 - 貸切風呂

旅館大文字屋 - 夕食旅館大文字屋 - 夕食・米沢牛のすき焼
 そして部屋食の夕食は、サクランボの梅干モドキ(本当の梅干にそっくり)、アケビの天ぷら(ナスに似ている)、ユリ根の茶碗蒸し(風味表現できず)が特徴的なところ。

 実は米沢牛を一度は食べておきたいと思い、米沢牛のすき焼きコースをプラスで頼んだでしまって‥。で、つけ汁の生卵に、とろけるような牛肉をつけてほおばると、濃い味のすき焼きがご飯を欲しがり、ビールでは耐え切れずに、ご飯をパクパク‥。いつの間にやら容量オーバー。本来の料理が残ってしまい、面目なし。

 またやってしまった、怒られるにゃ。胃腸がきゃしゃなもので、すみませぬ‥。

宿泊は赤湯温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw