東北な温泉ロゴ 東北な温泉、タイトル
男鹿ホテル、突進レポ

男鹿ホテル

(男鹿温泉)
男鹿ホテル - 施設の外観男鹿ホテル - 施設からの景色1
男鹿ホテル - 施設からの景色2男鹿ホテル - 施設からの景色3
〒010-0687 秋田県男鹿市北浦湯本字草木原13-1 TEL.0185-33-3101

入浴 700円
入浴、宿泊
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー・セッケンあり

 8月、男鹿温泉郷の真ん中辺り、こちらでは結構高級な部類に属する(と思われる)、「男鹿ホテル」にやって来ました。

 広い駐車場に車を止めると、ボーイさん(でもオジサン)がやって来て荷物を運んでくれ、フロントで受付を済ませると、スラリとした(秋田美人の)お嬢さんが部屋まで案内してくださいます。山から下りて来た私は(実際今日は秋田の北の方からやってきた)、そのサービスの良さにちょっぴり緊張してしまったんですのよ。

 ホテルの部屋(6/7階)はきれいで、そこからの景色がまた最高なのです。正面に見えるは日本海、北側にはうっそうとした樹海、あと、他のホテルの露天風呂(男湯)などなどが見え、いつまでも見ていたい、そんな眺望なのでありました。
(宿泊)
 外界の観察にだいたい満足し、あとはお風呂へ。フロントは2Fですがお風呂は1Fにあり、そこには運良くオジサンが一人だけ。でもすぐに団体さんがドヤドヤッと入って来まして、静かな浴場が一瞬でにぎやかな社交場に‥。

 お風呂は内湯と露天風呂があり、どちらも見事な析出のついた湯船で、またどちらも掛け流しの温泉です。内湯はほんのり笹色した透明なもので、匂いの無い、ほんの少しツルッとする肌触りの、鮮度の良いお湯です。露天風呂は源泉に近いのか、少し土色に濁り(分析表通りの)中性の肌触りのお湯になっておりました。

 繰り返すようですが、湯船にこびりついた析出が本当に良い感じにでき上がっており、しかもツルッとした感触でゴツゴツ感が無いのです。んー、今の湯量だと析出が付くはずのない所にまで析出があるのが、ちょっと不思議‥。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 低張性中性高温泉 源泉:男鹿ホテル温泉 52.3℃ pH6.4 自然湧出(500m先、地下約10~15m) ナトリウム 1317, マグネシウム 95, カルシウム 233, 塩素 2145, 硫酸 219, 遊離二酸化炭素 361(分析:平成17年2月)
男鹿ホテル - 内湯1男鹿ホテル - 内湯2
男鹿ホテル - 露天風呂

男鹿ホテル - 夕食1男鹿ホテル - 夕食2
男鹿ホテル - 夕食・名物の磯焼(石焼き)
 和風ダイニング「洗心」プラン(男鹿名物磯焼付!)

 食事は、名物の磯焼(石焼き)が付いたプランで、食事途中に中央のテーブルで磯焼(鯛、ネギ、豆腐、調味味噌、岩のり)の公開料理が始まり、みなさんがドヤドヤッと見に行く催し付きなのです。で、その後に配られた磯焼が、小さなおわん一杯だけでございまして、ちょっと拍子抜けとも。

 磯焼の味はと言いますと(誤解を招く表現ですが)高級カップ味噌汁に熱湯を入れて作り、それをフウフウしながら飲んだ時のような、鮮度の良いおいしい味噌汁に感じました。

 食事全般は普通においしく頂ける料理で、デザートにはなんと、あの「ババヘラアイス」も‥。
宿泊は男鹿温泉ホテル一覧
©東北な温泉