東北な温泉 秋田の温泉

龍門亭・千葉旅館

、突進レポ

龍門亭・千葉旅館

(大湯温泉)
龍門亭・千葉旅館 - 施設の外観龍門亭・千葉旅館 - 施設のエントランス
龍門亭・千葉旅館 - 施設の中庭龍門亭・千葉旅館 - 客室とそこからの景色
〒018-5421 秋田県鹿角市十和田大湯字上の湯16 TEL.0186-37-2211

入浴、宿泊
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー・セッケンあり


※2015.01現在、日帰り入浴は不可の模様

 8月、鹿角・大湯温泉街の中心部、上ノ湯共同浴場のそばにある老舗の宿、「龍門亭・千葉旅館」にやって来ました。館内に入ると、フロントの向こう側にとっても見事な日本庭園があり、先客が池のほとりを散策しているところ‥。んー、すばらしや~。

 ここには本館と新館があり、今回もいつものように、安い方の本館への宿泊とあいなりました。
(宿泊)
 部屋で一休みした後、早速、浴場へ。そこは庭園の池のほとりに設けられた内湯と露天風呂で、何とも言えない良い景色に囲まれて、たいそういい感じ。お湯は無色透明で匂いは無く、ツルツルする肌触りの、気持ちの良いさっぱりとした温泉ですね。男湯・露天風呂は木造りで、女湯・露天風呂は岩造りのお風呂になっている模様(男女入替あり)。いや、まあ、温泉の説明なんてこんなところ。

 湯上り後の夕方、浴衣を着てビールを片手に庭園を眺めていると、この何とも言えない風情がたまらないのです。カナカナカナと蝉しぐれが静かな池にこだまし、サヤサヤとそよ吹く風が浴衣のすそを揺らします。一人、別世界に迷い込んだ、ほんの一時、忘れていた日本の夏‥。と、マネージャーが帰ってきて、いつもの俗世のゴタゴタへ。

 蝉しぐれの音は、通常「カナカナカナ」と書く事が多いですが、私には「キキキキキキ」に聞こえてきました。マネージャーに尋ねてみると、なんと「ピョピョピョピョ」と聞こえると言うのです。そうかな~とマネージャーのワールドに入り込んでみると、今度は「キョキョキョキョ」と聞こえてきて。‥日が暮れて夜になると、役者が変わってカエルの鳴声。ちょっと低音の落ち着いた音色で、ガマガエルとかそういう大きなカエルみたい。

 食事は飛びぬけたインパクトはありませんが、どれも丁寧に作られた、素朴を感じるおいしい料理です。朝食は、これぞ「日本の旅館」と思わせる品揃えで、これもまた、おいしいざますのよ。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:上の湯 64.5℃ pH7.8 ナトリウム 413, 塩素 644, 硫酸 114, メタケイ酸 106(平成19年5月分析)
龍門亭・千葉旅館 - 内湯と露天風呂龍門亭・千葉旅館 - 露天風呂からの景色
龍門亭・千葉旅館 - 露天風呂の全景龍門亭・千葉旅館 - 夕食
龍門亭・千葉旅館 - 朝食
©東北な温泉