東北な温泉ロゴ 東北な温泉、タイトル
中屋別館・不動閣、突進レポ

中屋別館・不動閣

(白布温泉)
中屋別館・不動閣 - 西吾妻の奥深い山の中中屋別館・不動閣 - 施設とその周辺
中屋別館・不動閣 - 施設の外観中屋別館・不動閣 - 館内
〒992-1472 山形県米沢市大字関町1514 TEL.0238-55-2121

入浴 500円
入浴、宿泊
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー・セッケンあり

 9月、山形の南、西吾妻の奥深い山の中、白布温泉の入り口付近にある老舗の宿、「中屋別館・不動閣」へとやって来ました。で、メイン道路から敷地内へ入ってみますと‥、おや~、そこは案外大きな施設で、何やらいっぱい建物がありまするな~。

 ちなみにこの中屋旅館は、同じ白布温泉の東屋旅館と並ぶ1312年創業の全国屈指の古くからの宿。過去の大火によって名物の茅葺屋根の本館が消失し、現在はこの別館にて営業しているもよう‥。
 
 威厳のある玄関から中へ。そこにはタイムスリップしたかのような、鄙びた空気がぷわ~んと漂い、昔の風習なのか玄関フロアではなく廊下の奥のカウンターにて受付を‥。浴場は赤い絨毯をば踏みしめ進んだ奥にありまする。

 さて浴場は2か所に分かれており、廊下から下階に行くと露天風呂、上階に行くとオリンピック風呂がある構造。まあ、取り敢えず名物のオリンピック風呂へと行きましょう。聞くところによると、昔、東京オリンピックを記念して男性用18m、女性用15m、合計33mのお風呂を造りなさったのだとか‥。その男性用浴場では、浴室のドアがなぜか押しボタン式自動ドアになっており「あれっ」と‥。中を見ると、ほほう、そのお風呂はなるほど長し。いやこれが、普通の中浴場を5つぐらい繋げたくらいの、誰も思いつかない湯船なんですよね。

 お湯は無色透明で、注ぎ口付近では、ほんのかすかに硫黄の甘い香りがあり、結構な量のカス状の湯ノ花が舞う、ちゃんとした掛け流しの温泉です。注ぎ口は、窓側に通した長いパイプの極細穴から30cm間隔ぐらいで「シャーッ」と‥、また逆サイフォン的な仕組みの屋外のパイプからお湯が大量に吹き出し、オーバーフローしておりました。屋外から聞こえる滝と渓谷のザーッという水音を聞きながらお湯に浸かると、とっても気持ち良く、やっぱり温泉はいいもんだな~と、再認識した次第でございます。

 露天風呂にも入ったMG氏が申しますには、露天風呂の方が硫黄臭が感じられ、加えて竹筒の注ぎ口には、薄茶色の析出がたくさんこびり付いていたそうです。

泉質:含硫黄-カルシウム-硫酸塩泉 低張性中性高温泉 源泉:白布1号源泉 57.6℃ pH7.3 自然湧出 カルシウム 275, 硫化水素 1.9, 硫酸 688, 炭酸水素 107, メタケイ酸 126(分析:平成14年) ※もう一つの分析表は白布1~3号の混合泉
中屋別館・不動閣 - 脱衣所中屋別館・不動閣 - 内湯・オリンピック風呂
中屋別館・不動閣 - 内湯中屋別館・不動閣 - 露天風呂
脱衣所、2つ内湯、露天風呂の順
宿泊は白布温泉ホテル一覧
©東北な温泉