東北を行け
峠の力餅、突進レポ
Home > 山形の観光 >

峠の力餅

(峠の茶屋)
山形県米沢市大沢848 奥羽本線峠駅前 TEL.0238-34-2301
ミックスもち 800円
峠の力餅 - お店の外観峠の力餅 - お店の子犬
峠の力餅 - 店内峠の力餅 - ミックスもち
 福島と山形の県境付近の、はなはだ凄い山の中。車で行くのはとてもシンドイ、嫌になる、そんな所にある「峠の茶屋」へ、「峠の力餅」をちょっくら食べにやって来てしまいましてね~。

 ここにはなんと、山形新幹線が止まる、無人の峠駅があるのです。で、ここに来る人は、登山か、一軒宿の姥湯温泉滑川温泉に行く人だけだと思うのですが、なぜか新幹線駅がありまして‥。おそらく在来線を新幹線にしたもので、こんなふうになったものと。

 して、駅前駐車場のような、お店の駐車場のような所から峠の茶屋に入って行きますと、二匹の子犬が愛嬌を振りまいており、今がカワイさの絶頂期。後にみなさんが訪れた時には、いったいどうなっている頃なのでしょうか。

 ここは、おみやげ用の餅(峠の力餅)が有名なようですが、より本格的な、店内で食べられるミックスもちをば頼んでみましょう。と、出てきたもちは、もち米だけで作った本物のもちで、結構イケますが、どう見てもおやつ程度の分量で。んー、昼食には足りない感じ‥。

 そんなふうに過ごした一時、時折(新幹線も来ない時間、車の音も聞こえず)どこから来たのか、お客さんが立ち寄り、おみやげ用の「峠の力餅」を買って行くのですわな~。山屋さん?

 んと,店内には、ご主人が子供の頃に書いたという油絵がたくさん飾られてあり、また庭の透き通った池にはイワナがたくさん泳ぎ、時折シシオドシがポカンとよき響きを奏でておりましてね~。

 と、突然、そんな山中の平穏を引き裂くように、あの時間がやって来まして、駅弁(力餅)を担いだ店のオジサンが、そそくさと峠駅へと向かうのでございました、とさ~。

宿泊は米沢のホテル旅館一覧
©東北を行け , 18rw