鳴子温泉、中鉢温泉


中鉢温泉(川渡温泉) Home» 鳴子温泉»
〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉要害38-5 TEL.0229-84-7951
入浴 10:00~17:00 500円
入浴、宿泊、湯治
無休
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー、セッケンあり

 川渡温泉と東鳴子温泉のちょうど中間くらいの国道沿い、「えっ、どっちに属するの?」と、どうでもよいことを考えてしまう所にポツンとある、中鉢温泉にやって来ました。道路脇の看板付近から入って行くと、そこには普通の民家らしい建物しか建っていなく、一瞬、不安になりますが、よく見ると玄関の窓にうっすらと中鉢温泉と書いてあり、屋根を見ると左側の建物が湯小屋であることが分かるのです。気づいてから思うのですが、これがかなりデカイ湯小屋なんですのよ。(2014年、現在は新しい玄関建屋みたいなのができて、温泉らしくなっております)。
2002.12
 中に入ると、数人の大人たちが談笑中でございまして、その中に居た旅館の旦那さんと女将さんが、気さくに出迎えてくれました。

 受付を済ませ、奥の浴場に向かってみると、外から見た時はキャシャな感じに見えたのですが、中は大理石造りの浴槽に、天井が太い木の梁(はり)で組み込まれた、立派な湯小屋なのであります。

 冬季の内湯は湯けむりでモウモウとし、また光も弱く、良い画像を撮れないのが残念。その内湯の注ぎ口からは、とうとうと豊富なお湯が注がれ、サワサワと掛け流されています。それは黒っぽい茶色に色付き、湯船の底が見えず、また小さな湯ノ花も舞う、まれに見る温泉なのです。あとは石油系(ビニール系)の匂いが、鼻をツンと刺激いたしますね。

 ここは、近くの田中温泉や高友旅館とも違い、濁りの少ないお湯ですが、かなり強烈な温泉です。(現在の)成分分析では表せない、匂いと色が、MAX。

 それから、内湯の外に露天風呂がありましたが、こちらはお湯が止まっていて、ぬるくて入れませんでした。‥女湯の方はお湯が注いでおり、ぬるいながらも入れたそうです。

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉 低張性中性高温泉 源泉名:石割の梅源泉 58.0℃ pH6.8 ナトリウム 204, 炭酸水素 518, メタケイ酸 226 (分析:平成6年)

宿泊は、川渡温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2002-16