山形の温泉、テルメ柏陵 健康温泉館


テルメ柏陵 健康温泉館(舟唄温泉) Home» 山形の温泉»
テルメ柏陵 健康温泉館テルメ柏陵 健康温泉館 〒990-1121 山形県西村山郡大江町大字藤田831 TEL.0237-83-4126 大江町健康温泉館
入浴 300円 6:00~21:00(11~2月は6:30~)
入浴、休憩(300円)、食事、テニスコート、カラオケ室
定休日:第1木曜日
男女別(内湯1、サウナ)
シャンプー、セッケンあり
 平成7年開業

 国道287号線の「道の駅おおえ」の裏側、老人福祉センター柏陵荘のすぐ下にある、「テルメ柏陵・健康温泉館」にやって来ました。さすがに公共の温泉とあって、(豪華なのに)安いのです。私の田舎にも、こんなのが欲しいですね~。
 最上川沿いにある広い敷地には、この大江町健康温泉館と共に、勤労者福祉センターや(たしか)シルバーセンターが併設されており、更にはテニスコートやイベント広場などもあり、なんだか大きな複合施設なんですのよ。
2003.03
 受付を済ませ、奥の浴場へ。そこにあった脱衣カゴがちょっと変わっていて、格子状のカゴの中が少し見えますが、鍵がかかるようになっているのです。んー、風通しを良くした、ということなんでしょうか。

 浴室に入ると、窓側に沿うように多角形に細長い浴槽が連なり、手前から掛け湯、熱い湯、ぬるい湯の順で並んでいました。お湯は黒く濁ったお湯で、微かな硫黄の匂いと、食塩泉の匂いと、アブラ系の匂いがする結構強力な温泉です。宮城でいうと、東鳴子の温泉に近いような‥。女湯の方は、硫黄臭のする少し白く濁ったお湯だったそうですね。‥同じ源泉ですけど。

 お湯が湯船からオーバーフローしてないのでおかしいなーと思っていたら、(わざとか偶然か知りませんが)浴槽の縁の継ぎ合わせから漏れる感じで、掛け流しになっていました。

 前は同じ浴室に重曹泉(左巻温泉)もあったようですが、温度が低いので運用が難しくなって、やめたようですね。

泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:大江1号源泉 49.4℃ pH8.1 掘削730m、自噴300L/m(ポンプの時670L/m)
※その後、新浴槽にして露天風呂も新設したようです。

福祉センターのレストラン:温泉館の中から行ける。
・板蕎麦700円(いける)
・味噌ラーメン700円(しょっぱいが、癖になりそう、ニンニク多い)
テルメ柏陵 健康温泉館テルメ柏陵 健康温泉館
宿泊は、寒河江ホテル一覧

©東北な温泉 2003-14