東北な温泉
真湯温泉センター交流館、突進レポ

真湯温泉センター交流館

(一関)
真湯温泉センター交流館 - 施設のエントランス真湯温泉センター交流館 - 施設の外観 〒021-0101 岩手県一関市厳美町字真湯1番地 TEL.0191-39-2713

入浴 600円
入浴、休憩(別途料金)、コテージ
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー・セッケンあり

※2009.12 温泉センターのみを残し日帰り温泉へ、お風呂改修、コテージはあり

 一関市街から西へ、その先の厳美渓(げんびけい)を通りぬけて行くと、須川温泉へ上り始めるあたりにある施設、「真湯山荘」にやって来ました。ここは、コテージ、テニスコート、ゲートボール場、キャンプ場などがある複合施設。木立ちなどに囲まれ全体は見えませんが、とっても大きな公共施設なのです。

 と、今は冬季、この先の須川温泉へは上ることはできず、すぐ先で通行止めになっておりました。
 
 そして、受付を済ませて浴場へ。ここは山荘側に内湯と露天風呂(故障中)、別棟の温泉センターに数種の内湯がある陣構え。

 まずは山荘側の内湯に向かってみれば、そこはやっぱり豪華でもなく山荘的で、飾り気のない浴場でありまして‥。脱衣後、湯船に浸かってみますと、お湯は無色透明で匂いの無いさっぱりとしたもの。それでも結構豊富に熱いお湯が注がれ、掛け流されており、この寒い冬、とってもあたたまりましたのよ~。

 が、分析表でいう弱アルカリ性のツルツルする肌触りが無く、中性のお湯にも感じ‥(カルシウムが少し多いからかも)。んー、なんですか、女湯の方は掛け流しにもなっていなかったそうで、マネージャーがプンプン。

 次、山荘から渡り廊下を下がった所にある温泉センターへ、とりあえず‥。で、そこには館内に入ってすぐに休憩広間が広がるフロアがあり、大晦日の今日、たくさんのお客さんがくつろいでいるところなのです。して、その隣室にある浴場をのぞいてみたら、その広い浴室には数種類(箱蒸しもある)のお風呂があり、名前の通り、温泉センター的になっているのでございました。

 でも今日は疲れたので、クルリ反転、帰らせていただきます。‥硫酸塩泉のパワーが効いてきて、疲れが生じたのかもね~。

泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:真湯温泉(真湯2号) 59.0℃ pH8.7 ナトリウム 260, カルシウム 158, 硫酸 931, ラドン 1.54Ci(分析:平成17年)
(もう一つの源泉)真湯大橋たもとにある「鹿の湯」 カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉(低張性中性高温泉) 53.8℃ 黄土色
真湯温泉センター交流館 - 山荘にある内湯真湯温泉センター交流館 - 温泉センターの浴場
山荘にある内湯、温泉センターの浴場の順
宿泊は一関ホテル一覧
©東北な温泉 , 18rw