東北を行け 宮城の観光

道の駅 林林館 森の茶屋

、突進レポ
温泉 / 観光Top > 宮城の観光 >

道の駅 林林館

(登米市)
〒987-0901 宮城県登米市東和町米川字六反33-1 TEL.0220-45-1218
渋柿(8個入)378円、のり餅(5個入)397円、助六 213円
シャワートイレ
道の駅 林林館 - 外観道の駅 林林館 - 店内1
道の駅 林林館 - 店内2道の駅 林林館 - 蒸しパン・がんずき等
道の駅 林林館 - なめこ道の駅 林林館 - 米
道の駅 林林館 - あんブレッド道の駅 林林館 - 渋柿
 11月初旬、宮城県北にある「道の駅 林林館」へ、ちょっとやって来ました。ここは気仙沼へ行く途中、丁度トイレ休憩によい所にあるもので、何度も立ち寄らせてもらっておりまして‥。が、近頃三陸道ができてしまって、ここへ来ることも少なくなってしまうのかも~と。んと、関係ないかも知れませぬが、林林館ってなんだかパンダみたいな名前ですの~。

 さて、店内に入りますれば、最初に総菜や餅やガンズキやらが置かれたスペースがあり、次に農産物や地元産品、そしてあれ~、岩手の南部せんべいなども置かれ‥。以前の一般的な道の駅は、農産物が売り場を占めていたように思いますが、近頃は地元産品を越えて、売れるものを置くようになったとも‥。

 この秋、先週に続き柿を探しましたら、ありましたぞ~。あ、でも、干し柿用と思われる渋柿(蜂谷柿か?)で‥。あと、のり餅(磯部餅)を買って夕食に食べてみましたら、いつまでもシットリしていて不思議~。

p.s.
 ちなみに、ここの前に立ち寄った「道の駅 みなみかた」には、みなみかた産の富有柿が売られておりましたのよ~。

p.s.2
 柿の渋抜きですが、蜂谷柿(っぽい)柿でも渋抜きしたら普通に美味しい柿に‥。んで、渋抜き職人(アルコール度数47%)という」商品でやったら、5日ほどで出来上がりました。

森の茶屋 フカヒレラーメン

フカヒレラーメン 1012円、味噌ラーメン 660円
 時はお昼どき、ここには立ち食い蕎麦とレストランとがあり、どうしようかと思いましたが、せっかくなのでレストランにてフカヒレラーメンを‥。

 と、出てきたフカヒレラーメンは、一見ゴチャゴチャとしてワケが分からない様子の、インスタ映えのしないお姿。が、真近で見ると、これがフカヒレが大量に散りばめられてピカピカ光る、なかなかの中華あんかけラーメンなのです。

 で、フカヒレは、大きなフカヒレが分解されたと思われる透き通った細長いものと、小さい茶色の扇型のと二種類があり、レンゲで器のどこをすくってもお出ましになる”しつこさ”で付きまといます。はい、フカヒレを人生で一番食べた満足感あり。お味も悪くはありませんです。あと、麺は地元業者によるものと思われる黄色い麺で、これが案外美味。

 あ、MG氏(どこへ行っても自分の好きなものを食べる蛭子さんの仲間か?)の味噌ラーメンは、味噌タンメンと名付けた方がよいように野菜豊富なラーメンだったと‥。

 あとは、そうですね、お孫さんを連れた家族連れが複数おりましたので、地元の皆さんも結構いらっしゃるよう。それから、レストランは広く、建物の半分弱を占めるくらいでしたよ~。
森の茶屋 - 店内森の茶屋 - フカヒレラーメン
森の茶屋 - フカヒレラーメンの麺森の茶屋 - フカヒレ1
森の茶屋 - フカヒレ2森の茶屋 - 味噌ラーメン
森の茶屋 - メニュー
宿泊は登米市のホテル旅館一覧
©東北を行け2011 , Update:2020/11/28