東北を行け
浜っ子、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

浜っ子

(塩釜)
宮城県塩釜市芦畔町10-14 TEL.022-364-1230
親しお・ほたてラーメン 780円、駐車場あり
浜っ子 - お店の外観浜っ子 - 通り
浜っ子 - 親しお・ほたてラーメン浜っ子 - メニュー1
浜っ子 - メニュー2
 半島的な七ヶ浜の付け根、仙台港と塩釜港を南北に結ぶ貞山堀沿いを行きますと、途中にボートマリーナがあり、小さなヨットが沢山係留されているのが見えてきました。ヨットなんて何の関係も無い自分ですが、なぜか心がウキウキ、高揚してくるから不思議ですね~。

 海って、どこか人の心を陽気にさせるんですよね~。内陸から海に出た時に「海だ~」と叫んでしまうような‥。

 さて今日は、その辺りにある食堂「浜っ子」へ、磯の香りを求めてやって参りました。見るとそこは結構新しい外観で、店内もこざっぱりして感じの良いお店。中には長いカウンター席と、テーブル席と小上り座敷がそれぞれ2席ずつあり、お母さん3人で店を切り盛りしているようす。

 壁貼りの特別メニューから、イチオシの「親しおホタテラーメン」を注文。で、しばらくして出てきたラーメンは、薄い塩味のスープに、貝殻付きホタテ、青のり、イカ、ナルト、青物(シソも含む)が乗っており、脇のレンゲにはサービスなのかホタテ貝柱が添えられておりました。

 麺は白っぽくて柔らかい食感の麺で、つい最近この麺に変ったそう(製麺屋さん依存らしい)。あと、スープの表面には透明な油も浮かせてありまするよ。

 全体的に上品というか、やさしい雰囲気で、ホタテと青のりを食べると、やっと磯の香りが少しして参ります。そうですね、観光客をひきつける強いインパクトは無いものの、これはこれで万人に受け入れられる、さわやかな海鮮ラーメンなのだと。あと、いびつな器も特徴的ですね~。

 濃い味好きの自分には、もう少し塩味が欲しい感じもあり‥。いや、たぶん、シソが入っているから生臭さとかは大丈夫‥。

宿泊は塩釜のホテル旅館一覧
©東北を行け , 18rw