東北を行け
男鹿水族館GAO、突進レポ
Home > 秋田の観光 >

男鹿水族館GAO

(男鹿半島)
〒010-0673 秋田県男鹿市戸賀塩浜 TEL.0185-32-2221
シャワートイレ、食事処
男鹿水族館GAO - 施設の外観男鹿水族館GAO - 大水槽
男鹿水族館GAO - 大水槽男鹿水族館GAO - イカ
男鹿水族館GAO - タコ男鹿水族館GAO - 熱帯魚
男鹿水族館GAO - イソギンチャク男鹿水族館GAO - シロクマ
男鹿水族館GAO - アザラシ男鹿水族館GAO - ペンギン
 男鹿半島の先っぽ近く、戸賀湾の南にある日本海の水族館、泣く子も黙る「男鹿水族館GAO」にやって参りました。

 新しくなった水族館は、入口から入ってすぐの大水槽が圧巻で(行ったことないけど)竜宮城みたいに色んな魚が舞うように泳ぎ、見る者の口をアングリとさせるのです。右上写真の下の方に、お客さんの頭が見えていますが、それだけ大きいのです。

 大水中を下から見上げ、おー、こりゃ凄いぞ~。おや、悠々と泳ぐ大きなカンパチに小さなコバンザメがくっついていて‥。それを目で追い続けると、しばらくしてカンパチがコバンザメを水槽にこすりつけて、引き剥がそうと。‥ですが、なかなか剥がれないんですよね~。やっぱりくっつかれるのは、嫌だったんだな~と。そんな魚達の習性がとても楽しくて、見飽きることが無く、そこからなかなか離れられないのですよ。

 う~ん、やっぱペンギンが一番カワイイかな~。ペンギンは人間の子供達のように、岩に登っては飛び込み、また登っては飛び込み、とても楽しそうに(遊んでいるように見えました)。

 外にある白熊のオリには、降雪機みたいに氷を降らせてありましたが、ちょっと茶色になった白熊が、なんだかかわいそうな気もしてきます。

 他にもアシカ、熱帯魚、古代魚等のたくさんの海の生き物が展示され、千円の価値は十分にあるように思いました(千円ではとても運営できないのでしょうが)。行程は、1時間ほどですかね、早足で‥。

宿泊は男鹿のホテル旅館一覧
©東北を行け