ホーム 秋田の温泉

五の宮温泉

、突進レポ

五の宮の湯

(鹿角市)
五の宮の湯 - 施設の外観五の宮の湯 - 施設の玄関・ロビー
五の宮の湯 - フロント
〒018-5141 秋田県鹿角市八幡平字永田1-7 TEL.0186-32-3300

入浴 500円
入浴、広間、岩盤浴、食事、宿泊
男女別(内湯2、露天1、サウナ)
シャンプー・セッケンあり


※2007年、リニューアルして「五の宮温泉」→「五の宮の湯」に変わったようです。岩石浴追加。

 10月、鹿角八幡平インターチェンジからすぐの、だいたい開けた国道沿いにある鹿角市民の憩いの地、「五の宮温泉」にやって来ました。はい、雰囲気的には、宿というより日帰り温泉と食堂がメインのようにも思えますね~。

 それで、今日は八幡平のどこかに宿泊しようと色々探してみたわけですが、どこも満員でやっとのことで、ここにたどり着き‥。んー、宿探しって、なかなか大変なんですのよ~。(当時はネット予約もなく、片っ端から電話をかけるという重労働‥)。
0210(宿泊)
 そして受付を済ませ、部屋にて荷を下ろし、浴場へ。と、その内湯は、タイル張りのと木造りのとがあり、外の少しだけ離れたところに、石囲みの露天風呂も設けられておりました。

 で、まず最初に誰もいない露天風呂へ行ってみると、おや、なんだか水風呂に近い水温で‥。そこへ後から来たオジサンが、文句も言わずに浸かっているところをみると、これはやっぱりサウナ用の水風呂なのでしょうか。

 して、やれやれと思いながら、内湯に戻りドボン。すると、それは無色透明で匂いは無く、アルカリ性のヌルヌルする肌触りの、豊富に注がれ掛け流される気持ちの良いお湯。はい、人気の温泉とみえて、地元の方もたくさん訪れていましてね~。

 あとは、脱衣所とフロントの床が床暖房になっており、お年寄りへの配慮も欠かさず‥。またフロントの壁には、お相撲さんの写真が数多く飾られていたので、地方巡業でこの辺に来た(ここへ泊まった)のかな~と‥。

 それから、木造の建物は(当時)新しくキレイで、また食事処での夕食もおいしく頂けました。夕食の特徴としては、やっぱり「きりたんぽ鍋」。そう、プロが作る本場のきりたんぽ鍋は、なるほどおいしいもんで御座いますな~。

泉質:ナトリウム-硫酸塩泉 低張性アルカリ性温泉 源泉:五の宮温泉(喜宝の湯二号井戸) 41.4℃ pH8.5 193L/M
五の宮の湯 - 内湯五の宮の湯 - 内湯2
五の宮の湯 - 露天風呂
タイル張りの内湯、露天風呂の順
宿泊は鹿角市ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw , 最終更新日:2019/11/11