東北な温泉 蔵王温泉

松金屋アネックス

、突進レポ

ホテル松金屋アネックス

松金屋アネックス - 施設の外観松金屋アネックス - 施設のエントランス
松金屋アネックス - 館内・廊下
〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉1267-16 TEL.023-694-9706

入浴 600円
入浴、宿泊
男女別(内湯2、露天1)
シャンプー・セッケンあり

 6月、蔵王温泉の町外れ、温泉街の中でも最下部にある中規模の施設、「ホテル松金屋アネックス」にやって来ました。

 と、館内は気取らない感じのビジネスライクな造りですが、それを補ってか、あちこちに花などが飾られてあったりして、和みを演出しているもよう。んー、よく○×アネックスと付いた宿を時々見かけますが、これは”別館”とかいう意味のようですから、本館があるものと。‥と、思ったら無い、なぜだ~。
 
 いや、まあ普通に受付を済ませ、浴場へ。すると館内にはヒノキ造りの湯船に硫黄泉をたたえた内湯と、さら湯のお風呂(内湯と露天風呂)が設けられてあり、当然わたくし、硫黄泉の方に突撃致します。

 と、こちらは内湯といっても窓一面を全開にしてあるもので、露天風呂とさほど変わりがなく‥。で、そよ吹く風も心地よく、眺めも悪くはございませんことよ~。

 で、お湯は青白く濁り、少し石油系の匂いを漂わせ、また細かい微粒子のような湯ノ花が舞うもので‥。それと、肌触りがほんの少しスベスベする感触を呈しておりまする。ん、そうですね、お湯の香りが川渡温泉に似ているようにも‥。

 そうそう、ここのお風呂は湯船のあちこちが緑色になっており、それが「キアニデウム・カリダリウム」という酸性に強い藻なのだと‥。してこれがクロレラの一種で、美肌効果があるとの説明書きあり。はい、あまり他では見かけない、珍しい代物ですな~。

 あとは、浴場はとても新しく「つい最近造りました」という感じでございましたよ~(当時)。

泉質:含鉄・硫黄・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性酸性高温泉 源泉:高見屋1号、近江屋1・2・4号、若松屋、松金屋、山形屋、川原屋源泉 49.1℃ pH1.6 カルシウム 105, アルミニウム 212, 鉄 20, 塩素 478, 硫酸水素 1273, 硫酸 1505, メタケイ酸 188, 遊離二酸化炭素 540, 遊離硫化水素 9.5
松金屋アネックス - 内湯松金屋アネックス - 露天風呂1
松金屋アネックス - 露天風呂2
©東北な温泉 , 19rw