福島の温泉、栄光館


栄光館(宮下温泉) Home» 福島の温泉»


〒969-7511 福島県大沼郡三島町大字宮下字塩水4113 TEL.0241-52-2636

入浴 550円 8:00~20:00
入浴、宿泊
無休
男女別(内湯1)
シャンプー、セッケンあり

 福島県のもはや西の県境付近、只見川沿いの国道252号線を、寂しげな初冬の風景を観賞しつつさかのぼり、三島町の外れ「宮下温泉・栄光館」にやって来ました。直前は急な細い坂道で、それを下るとにわかに開けた川岸へ。そこには小川がサヤサヤと流れる、まさに理想郷のような風景が広がっておりました。
2006.12
 受付を済ませて前進すると、奥のドアを開けて渡り廊下みたいな所を行った先に、別棟的な湯小屋が設けられてあります。浴室をのぞくと、窓の外に先ほどの小川が見え、こちらからもなかなか良い景色なんですね。

 お風呂は窓側に沿ってカギ型に造られ、笹色に濁った、濃い感じのお湯がほどほどに満たされております。浸かってみると中性の肌触りで、注ぎ口では鉄の匂いがし、湯船では複雑な匂いがする、なんとも言えない温泉だとも‥。はい、湯量は多くはありませんが、湯船の縁の一部から、ちゃんとオーバーフローしておりました。

 しばらくして、喜多方から来られたというオジサンと一緒になったので、喜多方ラーメンはどこが旨いのかを尋ねてみると「何とも言えないですね。今は昔と味が違うし‥。色んなラーメンがあるから人の好みですね」とおっしゃるのです。そのオジサンは町外れの観光客が来ない店で、よく食べるそうです。(あ、人のことをオジサンと書いていますが、本人も見事なオジサンでございまする)。

泉質:塩化物泉 低張性中性高温泉 源泉:宮下温泉 第2源泉 59.9℃ pH6.7 ナトリウム 929, カルシウム 144, 塩素 765, 硫酸 764, 炭酸水素 767, 遊離二酸化炭素 207

宿泊は、湯野上温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2006-14