宮城の温泉、かっぱのゆ


かっぱのゆ(色麻町・平沢交流センター) Home» 宮城の温泉»
〒981-4104 宮城県加美郡色麻町平沢字新早坂21 TEL.0229-65-4505
入浴 9:00~21:00 1000円(浴衣・バスタオル付き)
午後5時以降 500円、平日3時間 500円
入浴、休憩、個室(1時間1000円)、レストラン
第2・4月曜休み
男女別(内湯2、サウナ)
シャンプー・セッケンあり

 色麻町の奥にポツンと建っていて、仙台からは割りと近い日帰り温泉「かっぱのゆ」にやって来ました。平沢交流センターという別名もついていて、隣には穀菜(コクサイ)センターという産直市場も併設されています。最近この施設に直接来られる新しい道が完成したせいか、今日は大変混雑していました。
2002.08
 1000円で手ぶらでOK、浴衣とバスタオル&タオル付き。休憩室が1Fと2Fにあり、どっちに行こうかと悩むほど、かなり広い施設なのです。前は、お婆ちゃん達の社交場になっていたのですが、なぜか今日は老若男女の色んな客層になっていました。

 いつも2階の踊場で将棋を指しているお爺ちゃんも健在で、前は(年齢的に)息子と思しきオジサンが相手だったのですが、今日はご近所さんといった感じの方と、とても楽しそうに指していました。

 浴室は日替わりで男女が入れ替わり、片方がミストサウナ付きで、一方は普通のサウナ付きです。しかし何回も来ているのに、いつも普通のサウナ付きの方なんですよね。(土曜日の男風呂はいつもこちらか?)

 浴室には大きく分けて2つの浴槽があり、入り口正面の湯船が温泉らしくて、もうひとつの歩行浴のある方は温泉らしくありません。でも、歩行浴のジェット水流の1つが物凄い勢いで、その場所に立っていることなんて、とてもできないのです。必死に手すりにつかまって、水流を背中に受けると、とても気持ち良く、いつもこれが楽しみで来てしまいます。他のジャグジーも良い具合いで、ここの特徴はこの水流系浴槽ではないでしょうか。

 お湯は無色透明で匂いもありません。弱アルカリ性らしく、少しスベスベする肌触りです。少しですが掛け流しになっているので、気持ち良く入れると思います。

泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:平沢温泉 42.2℃ pH8.2 ナトリウム 157, 塩素 215, メタケイ酸 100 (塩素臭あり)





2003.09再突撃

 久しぶりに私のホームグランドの「かっぱのゆ」にやってきました。今日はなぜか空いていて、ゆっくりさせて貰えました。

 将棋のお爺ちゃんも健在で、元気良く「パチッパチッ」と指していたのでひと安心。おや、寄り合いが前より増して強力になっており、人数が増えているようですね。次にくる時には、将棋道場になってるんじゃないかと心配(期待)してしまいます。私も将棋を指すので(弱いのに何故か3段、ちゃんと日本将棋連盟から貰ったぞよ)、いつかお爺ちゃんにチャレンジしてみたいと思います。

 今日のお風呂はジャグジーやエステバスの方から塩素臭がしてきましたが、入り口の大きなお風呂は掛け流しのお風呂だったので安心しました。単純過ぎるほど単純なお湯ですが、マンザラでもありません。

 その後、昼寝をしていると、ドタバタと(他人の)子供たちが騒ぐので起こされましたが、のんびりした雰囲気のこの広間では、叱る気にもならないのです。

 エゴマ入り塩ラーメン 650円 うまい
平沢ダイコン煮 350円 でっかい、うまい

追記)
 この施設(新湯)は1997.04にオープン。旧浴場は別棟(後ろの上)で営業中でした。2006年現在では、旧浴場にも渡り廊下で行けるようになった模様。料金は(以前から)込み。
宿泊は、大崎市ホテル一覧

©東北な温泉 2002-13