中山平温泉ガイド

Home > 温泉地ガイド >

中山平温泉の共同浴場・日帰り温泉

中山平温泉
 中山平温泉の特徴は、とにかく熱い湯で硫黄泉か単純泉のどちらか、というイメージがあります。地域の民家にも自宅温泉が沢山あるようですね。以下の他に、宿泊施設の琢ひでも日帰り温泉館をやっています。
温泉地ガイド
温泉地ガイド
しんとろの湯 レストハウス星沼 つるの湯
国道沿いに新しくできた公衆浴場、ちょっとした休み所もある。お湯を冷ます木の樋が面白い。
国道沿いの食堂のお風呂、外見はドライブインなのでお風呂があるなんて分からない感じ、観光協会の地図に載っていない。
宿のようなんですが、日帰り温泉ぽい施設になっている。観光協会の地図に載っていない。

中山平温泉の宿泊施設(ホテル・旅館)

 鳴子温泉郷の一つ、中山平温泉は、鳴子の中でも山形側にある温泉地です。幹線道路の国道47号線を行くと湯煙がモウモウと立ち上り「お、温泉地だなー」と思わせるのですが、辺りにはそれらしい建物が見当たらないような、そんな温泉地なのです。実際は、この幹線道路と裏通りに温泉施設が点在しています。
あすか旅館 星の湯旅館 仙庄館 なかやま山荘
中山平温泉の奥の方にある静かな旅館、飲泉もできる。
一見、ペンション風の旅館、透明できれいなお湯がとうとうと。
白濁硫黄泉の大きな露天風呂が最高、川沿いもいいね。接客次第で気分も乱高下。
国道沿いの老人休養ホーム、良いんだか悪いんだか。
やすらぎ荘 琢ひで 丸進別館 鳴子ラドン温泉
国道沿いにあるちっと立派な船員保険保養所、マンザラでもありません。
中山平温泉の名湯・高級ホテル、色々なお風呂があり、日帰り温泉館も別棟にある。隣は鳴子熱帯植物園。
基本は湯治宿のようですが、休日のみ営業の日帰り温泉にしたり、変則的営業が多い。
中山平の名湯の一つ、隣りの混浴・東蛇の湯も同じ経営、人口温泉のラドン温泉と勘違いしないで。
ふきゆ荘 花渕荘 三之亟湯 東蛇の湯
国道沿いの小さな旅館、ここの硫黄泉が強力、たまらない。
中山平の最東部にある旅館、日によって色が違う硫黄泉。
中山平温泉駅の裏にある温泉宿、炭酸水素のキレイなお湯。
混浴露天風呂が有名な湯治宿、ほぼ日帰り温泉的。
©東北な温泉