東北を行け
西安刀削麺(とうしょうめん)、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

西安刀削麺・大河原店

〒989-1246 宮城県柴田郡大河原町新東21-11 TEL.0224-53-3586
駐車場有り、麻辛刀削麺(小辛)750円
西安刀削麺 - お店の外観西安刀削麺 - 店内
西安刀削麺 - 麻辛刀削麺1西安刀削麺 - 麻辛刀削麺2
西安刀削麺 - ご飯西安刀削麺 - メニュー1西安刀削麺 - メニュー2
西安刀削麺 - メニュー3西安刀削麺 - メニュー4
 大河原町の町の中、幹線国道(R4)沿いにある読み慣れない名の中華料理店「西安刀削麺」にやって参りました。‥なんだか、赤と黄の配色の建物が後ろの金融店の看板と違和感なく合体ぎみ~。

 中に入ると店内は調理場をカギ型に囲むように客席があり、案外狭いテーブル席と小上がり座敷が数席ずつ設けられてあります。数ページもあるメニューから「当店自慢おすすめ」と筆頭に書かれた麻辛刀削麺(山椒入)をば注文しようかなーと思えば「激辛、辛度:大・中・小」との添え書きが‥。んで、そこへやって来たお店のお姉さま(と言っておきましょう)に、尋ねてみますと‥

あの~、この激辛って、そんなに辛いんですかぁ?

‥麻辛刀削麺、小!(マーラーとうしょうめん、しょう!)


 え? 間髪入れずに返ってきた、中間を大幅に省略した、いきなりのファイナルアンサーのお導き。しかも、いちおう日本語なんですが、アクセントがどうやら中華風なのです。なるほどそういうことか、と言われるままの麻辛刀削麺・小にしたのでございます。メニューに台湾ラーメンとかもあるし「もしかしてだけど~♪」のドブロックおんどを頭のなかで歌いながら、日本人ではないようですな~と。

 それはまあ、案外すぐに運ばれてまいりまして、ご覧のとおりのお姿。食べ方も知りませぬが、暗黙の了解によりかき混ぜて食しますれば、んー、なるほど、中華風の辛味噌に山椒の香りが個性的で、なんといってもこの刀削麺が独特。食べる前にある程度の想像はしておりましたが、やはり今までに食べたことのない食感なのです。

 それは”はっと”でも”ほうとう”でも”うどん”でもなく、固く練った小麦粉の塊を文字通りに削って麺状にした、そんな感じでありまして。また、不規則に削り出すことにより一種の縮れが生み出されており、それが辛味噌スープをよく絡ませる構造になっておりまする。あ、そうだ、断りもなく添えられていた白ご飯。麺を食べ終えて器の底に大量に残った肉味噌の行く先が、そこなのでありました。

 そうですね、まんざら悪くはありませんが、初回はチンプンカンプンで、2度3度食べるとくせになる、そんなふうに思いましたです。ここなら、他の料理も食べてみたいですね~。
2015.01

宿泊は大河原のホテル旅館一覧
©東北を行け 2016
投稿へ

西安刀削麺・大河原店


コメント

仙台市と台湾・台南市 観光交流を強化

 仙台市と台湾・台南市の観光交流を強化しようと、市の外郭団体「仙台観光国際協会」が台南市の旅行業者約210社でつくる「台南市旅行商業同業公会」と相互協力協定を結ぶことが19日、分かった。

(投稿者 匿名 さん / 2016年01月20日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。