東北を行け
達谷窟毘沙門堂、突進レポ
Home > 岩手の観光 >

達谷窟毘沙門堂

(平泉町)
〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉字北沢16 TEL.0191-46-4931
無料駐車場と無料トイレあり
達谷窟毘沙門堂 - 入り口達谷窟毘沙門堂 - 鳥居
達谷窟毘沙門堂 - お堂1達谷窟毘沙門堂 - お堂2
達谷窟毘沙門堂 - 庭達谷窟毘沙門堂 - 岩面大仏
達谷窟毘沙門堂 - お堂3達谷窟毘沙門堂 - スズメバチの巣
達谷窟毘沙門堂 - 竹林
 毛越寺から厳美渓に向う途中にある、国指定の史跡「達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわや・びしゃもんどう)」にやって来ました。昔は道路から窟屋(いわや)が普通に見え、通り過ぎながらチラ見して「ま、いっかぁ」と見た気になったものですが、今は林に囲まれてその姿が分からず、窟屋を見たことのない人には、ちょっと興味がそそられる神秘の史跡へと深化‥。

 はい「きっと誰も居ないだろうな~」と思って来てみると、なんのその、あれ、沢山のお客さんが来ていらっしゃるではありませぬか。そしてまた(欧米系の)外人さんも多いようで。あとは、てっきり日本人だと思っていると、急に中国語が発せられて驚いたりして‥。世の中、変ったなー。いつまでも続いてくれればよいですが~。(‥その後、世界遺産になる)。

 ここは大体、その達谷窟(たっこくのいわや)がメインでありまして、その洞窟と堂舎が一体となった建物が毘沙門堂なのです。階段を上って中にも入ることができ、そこにはお寺の本堂のような所があり、二十数体の木彫りの古い仏像がおごそかに祭られておりました。‥んー、それが~、なにも知らずに階段を上がると、意表を突いて料金所があり「えっ」と‥。

 しばし仏像を拝観したり窓の外を眺めたりした後、反対側の階段を下りて外へ。そしてその広場の先には、見上げる岩肌に、少し立体的に大きく掘られた岩面大仏が‥。うーん、長い年月の末、今は胴体はなく、顔面があるのみでございますね。

 ほほう、凄いなー、などと辺りを見回しているうち‥、あっ、スズメバチのアジトが毘沙門堂の上にぃ。

宿泊は平泉のホテル旅館一覧
©東北を行け