東北を行け
手打蕎麦きふね、突進レポ
Home > 山形の観光 >

手打蕎麦きふね

(山形市)
〒990-0801 山形県山形市天神町68 TEL.023-684-8446
中華そば(おにぎり付)600円、ゲソ天もりそば 800円
手打蕎麦きふね - お店の外観手打蕎麦きふね - 店内
手打蕎麦きふね - 中華そば手打蕎麦きふね - ゲソ天もりそば
手打蕎麦きふね - メニュー
 山形市の北部の田園地帯の、ちょっとした家並みにある人気の蕎麦屋さん、「手打蕎麦 きふね」にやって参りました。そこは外からは小ぢんまりとしたお店に見えますが、中に入るととっても広く、店内にはテーブル席と座敷席が数多く備えられ、また小奇麗にもしておりまするよ。

 と、ここでは煮干しダシ系ラーメンを、山形では珍しく出すと聞き、突進してみたわけで‥。蕎麦屋さんなのに蕎麦は食べず、知ったふうなそぶりで「中華そば」をば注文致します。

 しばらくして出て来た中華そばは、ご覧の通り、透き通るスープに、ちょっと黄色っぽい麺が浮かび、それにナルトとチャーシューとメンマが少々乗ったもの。

 スープをすすってみれば、やっぱり煮干しの香りが強く、が、その奥にあるスープの風味がかなり薄いもので、何度飲んでも正体がつかめず‥。んー、日本そばスープと中華スープの混合なのかな~、とまた勝手に言っておきましょう‥。

 それから麺をすすってみたら、これが案外風味のある麺で、結構おいしゅうございましてね~。まあ、あとのメンマとチャーシューは、おまけ程度の存在感で、全体的には普通のラーメンじゃったな~と。そうですな、インパクトはありませんが、飽きの来ない味で、鳥中華と牛脂ラーメンが多いこの地域では、これくらいの薄味が案外好かれているらしいと‥。

 それから、相棒のおババさまの食した「ゲソ天もりそば」は、期待通りのおいしさ、裏切らなかったそう。

宿泊は山形市のホテル旅館一覧
©東北を行け