東北を行け
愛宕山公園のシャクヤク、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

愛宕山公園のシャクヤク

(色麻町・農業伝習館)
宮城県加美郡色麻町四竃字東原1-40 TEL.0229-65-4390
約4,000㎡の畑に約1万株のシャクヤク、食堂・トイレ・駐車場あり
シャクヤク祭り(無料)、5月23日~5月31日(2015年の場合)
もち 300円/1パック
愛宕山公園 - 案内板愛宕山公園
愛宕山公園 - シャクヤクの花1愛宕山公園 - シャクヤクの花2
愛宕山公園 - 農業伝習館愛宕山公園 - シャクヤクの花3
愛宕山公園 - シャクヤクの花4愛宕山公園 - シャクヤクの花5
愛宕山公園 - シャクヤクの花6愛宕山公園 - シャクヤクの花7
愛宕山公園 - シャクヤクの花8愛宕山公園 - シャクヤクの花9
愛宕山公園 - シャクヤクの花10愛宕山公園 - 売店の餅
愛宕山公園 - カルミア
 「シャクヤクの花が咲いたよ」の知らせが届き、やって来ました色麻町は愛宕山公園。

 そのなだらかな丘陵の斜面にはパークゴルフ場やサッカー場、農業伝習館などが設けられ、その中心部に陣取るは、ひときわ明るく辺りを照らすシャクヤクの花園なんでございます。わたくし、シャクヤクと聞いてハッキリと花の姿を思い浮かべることができず、なぜなんだ?と思ったところ、どうやら花の形が様々で、代表する形がないみたいなんですね。

 色とりどりで、また多様な形のシャクヤクの花は、見ていて案外あきませぬ。そしてまたすこぶる美人ぞろいで、目移りしてとても1本には決められませぬな~(決める必要なし‥)。匂いは何ですか、覚えられない、奥深いものとでも言っておきましょう。

 ほぼ満開と思えば、所々にツボミの一団あり。いや、そのツボミがね、なんだか美味しそうでして‥。反対に大きく開いた花の花粉が毒にも見えてきて、不気味にも思えるんですのよ。でもやっぱり、素晴らしいです。何だかんだ申しましても百聞は一見に如かず、一度は行きたい「愛宕山公園のシャクヤク」ですね~。

 観覧しながらなだらかな坂を自然に下った先に三角塔があり、こちらが農業伝習館。で、トイレ休憩や食堂&ドリンク自販機、あとは本来の展示室などが備えられておりました。

 ‥帰り、道路脇のテントにて地元の物産(うめぼし、かりんとう、あげまんじゅう、おにぎり等)が販売されており、その中から餅(あずき、じゅうねん)を買い求めて帰路へ。夕食に餅2パック食べてお腹パンパーン。

 あ、そうそう、その近辺に植えられていた不思議な形の小花に目が点。咲けば星形、ツボミはアポロ、その名も「カルミア」と申すそうで‥。とってもステキに輝いておりましたです。花も人も、みんな笑顔、老人も若者も(いないけど)、みんなキラキラ。春はいいもんですな~。

p.s.
 平日も多くの人々が訪れ駐車場は7割ほど埋まっておりました。おそらく休日には大変な混雑かと‥。

宿泊は宮城県北のホテル一覧
©東北を行け