東北を行け
水芭蕉の森、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

水芭蕉の森・どうだんの森

(宮城蔵王)
宮城県白石市福岡深谷字白萩山 TEL.0224-22-1321
たぶん季節限定の仮設トイレあり(駐車場手前数百mの農場付近にも公衆トイレあり)
水芭蕉の見ごろ 4~5月
案内板木道
水芭蕉水芭蕉
カタクリ
 遠刈田温泉から南へ数キロ、宮城蔵王の山中にある「水芭蕉の森・どうだんの森公園」にやって来ました。実は、ふと見つけた道端の看板に誘われ、気まぐれで突進してしまいましてね~。

 と、駐車場にあった「ツキノワグマ生息地域」の看板にしっかりと怯えながら、雨上がりのぬかるんだ遊歩道を行くと、かたわらの林の中に紫色の可憐な小さな花、カタクリがたくさん咲いておりましたのよ。

 で、すぐ近くの木立ちではウグイスが心地良い鳴き歌を響かせ、それに応えるように口笛で真似ながら進むとにわかに、歩きやすい木道と共に、両側に大群衆で迎える水芭蕉ワールドが出現いたしました。今まさにこの世を謳歌する、水芭蕉の花、花、花~。ほんと、活き活きしていますね~。

 「え~と、どんな匂いだっけ?」としゃがみ込み、鼻を近づけてみれば、それは青いさわやかな匂いなのです。‥水芭蕉は臭いと覚えていたのですが、どうやらそれは間違いだったよう。これに似た花にザゼンソウというのがあり、それが臭くて、それと間違われていたみたいでして‥。

 今は3分咲きぐらい。林の中に咲いているので、日当たりのせいか株によって成長がまちまち、なので結構長い間楽しめそうなのです。ここは「夏がく~れば思い出す~♪」ではなくて「春がく~れば思い出す~♪」と覚えなくちゃ。

 一周した後「どうだんの森」に向かってみたら、6~7月に咲くと書いてありました。
2007.04

メモ)
 ちなみに、水芭蕉に触ると”かぶれる”人も‥。それは、花や葉っぱの汁に含まれるシュウ酸カルシウムが原因で、それに触ると炎症や水膨れを起こすこともあるそう。まあ、うるしの弱いヤツ的な位置づけかと‥。


 帰り道。すぐ下の農場から脱走したと思われる牛がモー進中。

 牛達は逃げる気はモー頭無く、ただ道のかたわらの草を食べたかったようなのです。それゆえ、道草がクサリと化して牛達を繋ぎ止め、また牛達も脱走できたことに気付かず、なんだか、ほのぼのと‥。

脱走した牛
宿泊は白石のホテル旅館一覧
©東北を行け 2007-17rw