東北を行け
鬼首・吹上地獄谷、鳴子峡、突進レポ
Home > 宮城の観光 >
あら・伊達な道の駅
宮城県大崎市岩出山池月字下宮道下4-1
鬼首・吹上地獄谷 - 施設の外観鬼首・吹上地獄谷 - 産直売り場  古川(大崎市)から国道47号線を西へ行くと、鳴子温泉の少し手前にある、東北で一番の集客があると言われる「あら・伊達な道の駅」に立ち寄ってみました。仙台から来ると丁度良い頃合いなもので、いつもトイレ休憩で立寄らせてもらっています。ほんと道の駅には助けられます。もう、道の駅無しの旅行なんて考えられませんね。

 館内にはレストランや地場産品の売店が並び、いつもお客さんでごった返しています。なぜか知りませんが、北海道のロイズ生チョコや、愛媛の一六タルトなんぞも売られていたりして「え!?」と‥。

(台風の被害で)野菜の値段が高騰した昨今でも、驚くほど安く売られ、ダイコン(1本120円)、長ネギ(1本120円)を買ってしまいました。
2004.11(初旬)


鬼首・吹上地獄谷
宮城県玉造郡鳴子町鬼首吹上
 鬼首では吹上間欠泉(有料)が有名ですが、その奥にこの「吹上地獄谷」の遊歩道があり、温泉通(特に野湯好き)の皆さんには、よく知られる所なのです。游歩道は思ったよりも整備されており、木道があるので気軽に行けるのです。

 途中あちこちに温泉が湧き出し、小さいながらも間欠泉があったりして、意外に楽しめるスポットとなっています。一番大きな湯壷があるエリアでは、オジサンがゆで卵を作っていたりしましてね。

 歩道の終点から、ちょっとぬかるみを進むと滝があり、その滝を見た後、みなさん引き返してくるようです。片道約10分程度。

 あと、すぐ下流の旅館、峯雲閣の川湯(お風呂)の上流になっているので、けっして卵の殻を捨てたり、下品なことをしたり、しないでくださいね~。

※地獄は更に続く → 片山地獄、荒湯地獄

鬼首・吹上地獄谷 - 地獄谷、案内板鬼首・吹上地獄谷 - 地獄谷の通路
鬼首・吹上地獄谷 - 地獄谷1鬼首・吹上地獄谷 - 地獄谷2
鬼首・吹上地獄谷 - 地獄谷の上流

鳴子峡
宮城県大崎市鳴子温泉星沼13-5-1
鬼首・吹上地獄谷 - 鳴子峡レストハウス鬼首・吹上地獄谷 - 鳴子峡の橋
鬼首・吹上地獄谷 - 鳴子峡の展望所鬼首・吹上地獄谷 - 鳴子峡の紅葉
 普段は誰もいない鳴子峡レストハウスも、秋になるとたくさんの人が訪れます。今は紅葉が終わりに近づき、もうすぐ枯れ落ちてしまいそう。本当ならば物悲しい風景なんですが、人々がたくさん居てなんだか賑やか。もう少しすると、冬枯れの寂しい景色に‥。自分はその景色も好きですけどね。

 断崖絶壁を下って行き、渓谷の遊歩道を2.5km程散策できるのですが、今回はやめておきます。最後まで歩いて行ってしまうと、帰りが大変なんざましょ。

宿泊は鳴子温泉のホテル旅館一覧
©東北を行け 2004-17rw
投稿へ

鳴子温泉情報


コメント

鳴子峡の紅葉見ごろ

秋真っ盛り逢。県内指折りの景勝地として知られる大崎市鳴子温泉の鳴子峡では、V字渓谷を埋める樹木の紅葉が日を追うごとに鮮やかさを増している。断崖を覆う広葉樹が緑から赤へとグラデーションを描き、この季節だけの絶景をつくり出す。見晴台と国道47号線大深沢橋付近、谷底まで続く遊歩道は連日、見物客の姿が絶えない。鳴子温泉郷観光協会によると、今月中旬から色づき始め、ここ数日の冷え込みでさらに深まった。平年よりやや遅く、11月最初の週末が紅葉狩りのピークになりそう。

(投稿者 匿名 さん / 2016年10月27日)

6月27・28日 大崎食楽まつり 鳴子温泉

 食の祭典「おおさき食楽(しょくらく)まつり」(同実行委員会主催)が6月27、28日の2日間、大崎市鳴子温泉の鳴子峡レストハウス特設会場で開かれる。時間は両日とも午前10時半~午後3時。絶景で知られる鳴子峡を舞台に、県内各地のご当地グルメや手作りスイーツが勢ぞろいする。地元料理人や生産者らでつくる「おおさき楽友会」を中心とした実行委が企画する恒例イベント。今回は約30店舗が出店予定。ほとんどのメニューがワンコイン以内で提供されるため、気軽に食べ比べできるのが醍醐味だ。おおさき食楽まつり実行委は、まつり会場でのイベント「食楽俳句コンクール」の出展作品を小、中学、高校、一般の計4部門で募集している。

(投稿者 匿名 さん / 2015年05月20日)

鬼首の間欠泉が3月28日(土)より営業再開します。営業時間は10時~3時(5月~は9時~16時30分)毎週水曜日が定休日です。大人400円、小人200円 【問合せ】間欠泉 0229-86-2233。なお、地獄谷遊歩道は4月下旬ごろより開通予定です。

(投稿者 よし さん / 2015年03月25日)

県内唯一「重点道の駅」に 「あ・ら・伊達な道の駅」(岩出山)指定 国交省

 国土交通省は30日、大崎市岩出山の「あ・ら・伊達な道の駅」を「重点道の駅」の一つに選んだ。2015年度の予算措置で関係省庁の補助金を優先配分し、産業振興と観光・防災の拠点として充実化を図る。「安倍政権の地方創生を進める上で、道の駅は経済の好循環を生み出す強力なツール」(同省)と大きな期待が寄せられている。

(投稿者 匿名 さん / 2015年02月01日)

自然が織りなす絶景 秋真っ盛り 紅葉見ごろ 鳴子峡

 秋真っ盛り逢。紅葉の名所として知られる大崎市鳴子温泉の鳴子峡は、渓谷を埋める樹木の色づきが日を追うごとに鮮やかさを増してきた。ほぼ平年並みの見ごろで、11月初めの3連休が紅葉狩りのピークとなりそう。今月中旬から徐々に色彩を強め、ここ数日の朝晩の冷え込みで一気に進んだ。そそり立つV字渓谷の奇岩群と、赤や黄に染まったカエデ、ヤマウルシなどの広葉樹が織りなすパノラマは、まさに絶景。

(投稿者 匿名 さん / 2014年10月26日)

「紅葉です」鳴子峡清掃

 東北電力古川営業所と古川技術センター、同社企業グループ3社(東北電気保安協会古川事業所、ユアテック古川営業所、トークス古川営業所)、大崎地方の工務店組織「正建会」は24日、大崎市鳴子温泉の観光名所「鳴子峡」で清掃活動を行った。鳴子峡は、例年10月中旬から11月上旬にかけて紅葉の見ごろを迎え、県内外から多くの観光客が訪れる。清掃活動は、ごみのない奇麗な鳴子峡で紅葉を楽しんでもらおうと、地域貢献活動として2005年にスタート。

(投稿者 匿名 さん / 2014年09月30日)

壮観「すだれ放流」 鳴子ダム 6日まで こいのぼり悠々と

 大崎市鳴子温泉の鳴子ダムで2日、ダム湖の水を堤体上部から流す「すだれ放流」が始まった。大型連休恒例のこいのぼり掲揚も行われており、奔流を背に大小50匹が悠々と泳ぐ姿は“滝のぼり”さながら。6日まで。幅95メートル、落差80メートルの急斜面を豪快に滑り落ちる雪解け水が、この季節ならではの壮観をつくり出す。一方、こいのぼりは端午の節句にちなんだ企画で、地元の小中学生や観光団体が制作したもの。 

(投稿者 匿名 さん / 2014年05月03日)

行ってきました。

間欠泉は奥にあるほうが勢いよく吹き出ます。
10分間隔くらいで結構な高さまで。
足湯にでも入りながら待つとよろしいかと。
でも、400円はちょっと・・・高いかな。

間欠泉の手前にある地獄谷のほうが良かったです。
500m~1kmくらいの遊歩道に、いくつも温泉が湧き出してました。
遊歩道のすぐそばで、高温の温泉が噴出す様はなかなかステキ。
不用意に触れると、ホントに火傷します。

#生卵を持っていくと、途中で温泉玉子作れます。

(投稿者 jose さん / 2005年08月08日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。